透視占い(とうし)とは

透視占い(とうし)とは

透視占いとは過去や未来を見ることによって占いを行う方法です。
通常では見ることのできないものを感覚的に把握し、この後どのようなことが起こるのかを占います。
過去にどのようなことがあったのか、そして未来はどのように動くのかを鑑定して貰うことで、多くの情報を得ることができます。
そもそも透視というのは普通の感覚ではないということです。
誰にでもできるようなことではなく、超感覚的とも言われるものを察知できるような人でなければ知ることはできません。
知ることのできる方は時間や空間を超えて人の行動を知り、それを占いたいと思っている人に伝えます。
基本的に過去に起こっていることを話してから信用させ、その後未来がどうなるのかを伝えることが多くなっています。

透視は見ることのできないことを知ることができるため、必ずしも人を対象しなくても問題はありません。
実は紛失した物でも透視を行うことによって見つけることができます。
人が探している物を見つけるために利用したり、探している人を見つけたりということは結構利用されています。
その能力は超能力とも言われているくらいで、本当に的中させている人はあらゆる過去と未来を見ることができるのです。
察知しているのは気やエネルギーと言ったものです。
当然ですが一般人にはそのようなものを見ることはできません。
この流れを見ながら過去と未来を見ることによって、多くの情報を占い師が見ているのです。
占い以外にも事件解決などで透視を利用したことがあり、世界的にも高い的中率を持っている占い方法と言えます。
なおこの占いは必ずしも人と人が向きあって占いをする必要はなく、色々な物からエネルギーを感じ取ることが出来れば、占いとしての結果は得られるようになっています。

スポンサーリンク

この占いを利用してお薦めの方としては、まず自分の未来に不安を感じている方です。
未来に不安を感じているような方は、透視によって様々なことを知ることになります。
これによって自分の行動を変えるきっかけが生まれるかもしれません。
勿論駄目な未来が見えているようなら、対策方法を占い師が教えてくれます。
この情報を元に自分が変わることも大切になってきます。
また探している物がある方、どうしてもこの情報を知りたいと思っている方には透視占いが向いています。
的中率の高い占い方法であり、人でなくても物を対象として占いを実行することができます。
気になることが少しでも残っているようであれば、透視占いによって様々なことを見てもらうのも1つの方法です。

スポンサーリンク

占い用語集に戻る

占い用語集



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る