易学占い


スポンサーリンク


易学(えきがく)とは

易学(えきがく)とは

易学とは、別名「易占」とも呼ばれており、古来中国で考案された学問の一種であり紀元前3000年頃、伏儀という人物によって作られたと伝えられている易経という書物を元にして発案された学問と、それを元に考案された鑑定方法のことです。

易学の中では、自然界に存在するありとあらゆる事象の全ては「陰」と「陽」という二つの存在が組み合わさることによって生まれているという考えを持ち、この「陰」と「陽」の交わりから過去・現代・そして未来の全ての物事を読み取ることができるとされています。

このため、鑑定方法として易学を用いる場合、筮竹と呼ばれる竹製の専用の道具を50本揃えた状態で用い、この筮竹を竹ひごなど専用の容器に対して大まかに2つに分けた上で勢いよく投入し、竹ひご内にある筮竹が表現する形や別れる本数などから様々な情報を読み取り、その結果から鑑定の対象人物の過去や現在、未来を占うことができます。

様々な鑑定方法の中でも非常に高い的中率を誇る方法の一つで、適切な形で用いることによって、当たる確率はおよそ80%を超えると言われています。

また、人の過去や未来を占う運勢面での鑑定に最も適している方法ともされていて、逆にそれ以外の目的で活用する場合、他の方法を選択した方が的中しやすいという特徴を有していますが、反面、吉か凶かという二つの結果のどちらに属するかを占うのではなく、例えば、未来にどのような事が起こるのか?など、漠然とした結果を求める場合には適していない占術です。

人物に対する鑑定だけでなく、例えば、新たに会社や企業を発足させる場合、その前途を占う手段としても重宝されており、著明な易学者ともなると多くの起業家や著名人を顧客に持つほど、様々な念術の中でも抜群の信頼性を得ています。

易学は、様々な占術の中でも特に高い知識や洞察力を必要としているため、一般的な他の占術と比べ、非常に難解な勉学を積む必要があります。
長い歴史を持つ鑑定方法であることからその信頼性も高く、実際に易学を自身の鑑定方法として選択している占い師の数も多いため、場所や国を問わず様々な場面で利用することが可能です。

【こんな人にオススメ】
易学を鑑定方法として利用する場合、過去や現在の出来事であったり、未来に発生する様々な出来事が自身にとって良い結果をもたらすのかどうかを判断したい方にオススメの鑑定方法です。
或いは、新しく発足する事業が軌道に乗るかどうか、特定の人物との結婚生活が吉と出るか凶と出るかを知りたいという方に、的確な結果を示すことができる方法としてオススメです。

このページの先頭へ戻る