算命学

算命学で相性占い - キスの相性をズバリ診断!

・キスの相性と恋愛相性

・キスの相性をよくする方法!

占う

スポンサーリンク

晩婚相手の特徴とメリットを算命学で占います

・晩婚相手の特徴

・彼と晩婚することのメリット

占う

スポンサーリンク


恋愛占いペナルに戻る

恋愛占いペナル|当たる完全無料占い




スポンサーリンク


恋愛占いペナルの無料算命学

算命学(さんめいがく)とは

算命学とは、生年月日を利用して依頼人の運命を導き出す鑑定法のことです。
陰陽五行説をベースにした古代中国発祥の占術で、人間の未来は生まれ持った星のもとに決まっているという運命説が理論の基礎になっています。

膨大な数の人間の人生データを分析して構築された学問であり、占いというよりは統計学に近い存在です。
文字通り「運命を計算する」技法と言っても過言ではなく、数ある占いの中でもトップクラスの知名度と人気を誇っています。
古来から科学的根拠に基づく的中率・信頼性の高さが注目され、一般の方はもちろんのこと、政治関係者でさえ政策を決める際に活用してきた歴史があります。
道に迷った人間が己の運命を見つめ直すことのできる人類の英知と言えるでしょう。

算命学で占う際に必要となるのは、基本的に生年月日の情報だけです。
まずは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の「十干」と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の「十二支」で依頼人の生年月日を表した「陰占(いんせん)」という9マスの表を作成します。
陰占を見れば、次に訪れる天中殺(天が味方してくれない運気の空白期間)の時期を見極めることができます。

続いて、陰占をもとに3×3マスの人体星図を作成します。
各マスには、東・西・南・北・中央と陰・陽を組み合わせた十種類の星(十大主星)と、人の一生を十二に区分した十二種類の星(十二大従星)が割り振られます。
それぞれのマスには、頭・左肩、右手・胸・左手・右足・腹・左足(左上のマスは空白)という意味があります。
十大主星と十二大従星が各マスにどのように配置されたか、その按配を見て依頼人の運勢を見極めることが可能となります。
ちなみにこの人体星図は「陽占(ようせん)」と呼ばれ、算命学において陰占とセットで取り扱われます。

算命学を活用すれば、本人には自覚しづらい自分の人柄や才能、宿命などを細かく把握することができます。
就職、結婚、引越しなどのライフイベントをいつ行えばよいのか予測することもできるので、万全の態勢で新たな人生の門出を迎えることができます。

上述の通り、算命学は温故知新の思想に基づいた統計学であり、世間に広く普及している他の占いがいまいち信用できないという方でも安心して利用できるのが魅力的です。
法則を学べば自宅でも自分の運勢を計算することができるため、デジタル文化に馴染んでいる現代人にとって非常に親しみやすい占術と言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る