オーラ診断

オーラ診断|当たる完全無料占い

あなたの生年月日

ご自身の入力情報を保存しますか?(保存すると次回入力の際に楽になります)

保存しない  保存する


スポンサーリンク

オーラ診断一覧


スポンサーリンク

スポンサーリンク


恋愛占いペナルの無料オーラ診断

オーラの色・オーラの意味

オーラはスピリチュアルなお話?
以前、美輪明宏さんと江原浩之さん、TOKIOの国分太一さんが出演されていた「オーラの泉」という番組がテレビ朝日系列で放送されていたのをご存知の方は多いでしょう。
美輪さんと江原さんによる不思議なトークが注目され、スピリチュアルブームのきっかけになった番組と言われています。

番組の中で、江原さんがゲストの方のオーラを見て、色や形などから、その方の今の状況などを言い当てていました。
これが人によっては不思議なトークに聞こえ、視聴者を引き付けました。
ゲストが何も言わないのに、今の感情を言い当てたり、本人も忘れていたようなことをズバリと言う美輪さんと江原さんのトークに、私も引きつけられました。
番組のタイトルにもなっていた「オーラ」という言葉。
今では当たり前のように使われていますが、実際に「オーラって何?」と質問されたら、答えに困ってしまう方は多いのではないでしょうか。
ここではスピリチュアルなお話には、必ず登場する「オーラ」について、少し詳しくお伝えしていこうと思います。

オーラとは?

オーラとはこの世に存在している全てのモノから発せられるエネルギーの事です。
私たち一人一人が、常に発している電磁エネルギーのこと。
オーラは、「気」とも言います。
古来より描かれてきた宗教画には、必ずと言っていい程オーラが描かれています。
これまで気がつかなかったという方は、是非意識して見てください。
キリスト、お釈迦様、天使・・・どの画や像にも頭や背後に後光や輪が描かれています。
これは、私たちは普通の生活では見えていないオーラを描いていると言われています。
つまり、昔の人はすでに知っていたのですよね。
人はオーラを発しているということを。すごいと思いませんか?
もしかしたら、文明が発達していない頃の人間たちは、誰もが普通にオーラを見る事が出来ていたのかもしれません。

私たちも「オーラ」という言葉を日常で使うことはあまりありませんが、「気」という言葉はよく使っています。
「気が合う」「気が重い」「気を使う」「気を配る」「気が回る」「英気を養う」「正気」「気が向く」「気が済む」「気が気じゃない」「病気」「気が抜ける」・・・等。
「気」を使った言葉はたくさんあります。

また、なんとなく言葉では説明できないような感覚、理屈ではなく感じる感覚で「なんだかあの人とは気が合う」「あの人がいると全体の空気が明るくなる」なんて言うでしょう。
これは、説明は出来ないけれど、確かに感じている・・・。
何を感じているのかと言うと、それこそが「気」なのです。
人は無意識ですが、確実に互いの気、エネルギー、オーラを感じ取っています。
そして、感じた感覚的な理屈で表せないことを「気」という言葉を使って言い表すようになったのではないでしょうか。

オーラの波長、波動

「オーラ」や「気」とは別に、「波長」「波動」という言葉を使うことがあります。
「あの人とは波長が合う」「波動が高い、低い」等。
波長や波動は、簡単に言えば、人や物から発せられているエネルギーの振動です。
つまりはオーラや気の振動ということ。
エネルギーが発せられるということは、振動も起こっているということ。
一般的には、この振動数が高い時「波長が高い」、低い時「波長が低い」と言います。
「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、これは波長が引き寄せている「波長の法則」とも言われます。
無意識に似たような振動数の人と仲良くなるのです。
これは、似た波長(振動)には共に引き合う働きがあるからです。
今あなたの周りにいる友達を想い浮かべてください。
自分とはまったく違うタイプだと思える友達がいたとしても、恐らく発するオーラの振動は似ているのだと思います。

また、この波長や波動と呼ばれる振動は、常に変化していきます。
他の人や動物、モノが発する波長に影響され、共感、共鳴して、成長していけば波長も波動も高まります。
ここで振動についてわかりやすく説明をすると、愛情溢れ、感謝の心から発せられるのは高い領域で振動し、妬み、欲などは低い領域で振動します。

仮に振動を10段階レベルに分けたとして、自分が8の高い領域で振動していたら、1や2などの低い領域で振動する人と過ごすと「なんか疲れる」「気が合わない」「世界が違う」と感じます。
これがオーラの振動である波長、波動です。

オーラの色

オーラは、エネルギーを発する時の振動=波長、波動以外に、色もあります。
この色を「オーラカラー」と呼びますが、全ての人が異なる色を持ち、また一人の人であっても、その時の心の在り方によって色は変化します。
色そのものだけでなく、色の鮮明さ、濃さ、発せられる位置、大きさなどに違いがあります。

オーラからわかること

オーラの色や形、振動などからその人の本質や霊性の高さがわかると言われています。
色も波動は、常に変化するものですが、いま現在のオーラを見ることで、今置かれた状況、その方の感情や健康状態がわかります。
オーラを見てその方の今をお伝えし、よりよくなるアドバイスを伝えるのが「オーラ占い」です。

自分のオーラを知ることは、自分でも気がつかない自分と出会うこともあります。
そして、本来の自分と向き合うことは、普段出来ているようで意外と出来ていない人が多いのではないでしょうか。
他人のことばかり気にして、自分自身を蔑ろにしてはいませんか?
自分自身と向き合い、未来に向かって前進する時に、「オーラ占い」はとても役立ちます。
あなたはご自分のオーラがどんな色をしているか、自分が今どういう状況なのかを知ることは、未来を切り開くチャンスになると思います。

実際に、これだけ「オーラ」という言葉が浸透し、「オーラ占い」が注目されるのは、多くの方の背中を押しているからなのかもしれません。

我武者羅に頑張っても上手くいかない時はあります。
必死になって余裕を無くしても、ダメな時はあります。
でも、もしかしたらそれは、本来の自分を知らないから上手くいかなかった、ダメだったのかもしれませんよ?

自分を知るということは、自分は他の誰でもない自分唯一の存在だと気がつくことになります。
そして、自分が唯一の存在だと知ることで、他者もまた唯一の存在であると知るのです。
「汝己を知れ」という言葉がありますが、自分を知らない人は、他の人も知ることが出来ない。
自分と向き合えることで他者とよりよく向き合えるというのです。
オーラ占いは、あなたが本来の自分を知る手助けとなるでしょう。


このページの先頭へ戻る