タロット占いとは

タロット占いとは

タロット占いは合計78枚のカードを用いて占うカード占いです。
このカードは大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で成り立ち、大アルカナだけのものもあります。

大アルカナの22枚のカードは、それぞれに象徴する名称があります。
死や星、塔などです。
小アルカナの56枚のカードは火、水、風、地の4つのマークによって構成され、小カルカナは現在最もポピュラーなカードゲームのトランプの原型とも言われています。

小アルカナの絵カードは、1つのマークで4種類あります。
ベイジ、ナイト、クイーン、キングという順序になります。

・タロット占いの正位置と逆位置とは
タロットでの正位置は自分から見て、正面に向いている状態を言います。
逆位置は自分から見て、反対の方向に向いている状態です。
正位置をアップライト、逆位置をリバースと呼び、この2つはカードの意味が異なります。
また、この2つが反対の意味と限定されているわけではありません。
また、表裏の関係と言う意味も持ち合わせています。

スポンサーリンク

・ウィッシュカードとは
ウィッシュカードという言葉があり、「ラッキー」という意味があります。
「世界」「カップの9」「ペンタクルスのエース」の3枚がウィッシュカードの組み合わせで最も多いです。

また、書籍などによっては「世界」ではなく「星」をウィッシュカードにしている場合もあります。
ウィッシュカードは思想や哲学によって異なるもので、精神的なものを求めている場合には、星、カップ10をウィッシュカードにしますし、物質的なものを求めている場合にはぺんクルスけや世界など占う人によって違いがあります。

タロットカードの小アルカナが全て絵カードの方が占いやすいです。
タロットカードの絵は民族の神話や魔術、生活や思想といって物を表現しています。

占う方法は、自分自身の事や友人などの事を占う。
一人占いや、占い師が占ってほしい人を前にして占うゲスト占いと言うのがあります。
一人占いの場合は、気軽にできたり、結果が気に入らないと再び占ったりできるためいい加減になりやすいです。

ゲスト占いの場合には、真剣に回答を出さなければならないです。
占いを否定する人は占わない方が良いです。

相手が複数の場合でも占う事はできます。
しかし、大勢の前で見物されている状態での占いはやめましょう。
占いに集中することが出来なくなってしまいます。

占ってはいけない内容というものがあります。
知らない人物に対しての気持ちやギャンブルなどです。

スポンサーリンク

占い用語集に戻る

占い用語集



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る