エネルギーワークとは

エネルギーワークとは

エネルギーワークとは、魂の癒しやヒーリングなどに使う大きな力を扱う技術のことをいいます。
占いにおいては、そのひとが負った心の傷を癒す言葉や力(波動)を占い師から与えられることがあり、その際にエネルギーワークを使うことになります。

人間は精神と肉体が絶妙のバランスを保ちながら、日々生きています。
しかしそのバランスがささいなことで崩れ、精神に大きな傷を負ってしまうことがあります。
その時に必要になるのがヒーリングという名称で知られる「エネルギーワーク」なのです。

このヒーリング術は実は技術がひとつではなく、大きく分けて3種類に分けられます。
一つ目は自分の持つ生命力を削って弱っている相手へエネルギーを分け与える技術。
二つ目は相談者自身の中に眠っているヒーリング術を、特殊なきっかけで目覚めさせてそのひと自身の力で傷を癒す手法。

スポンサーリンク

そして最後に宇宙や高位世界から降ろして分けてもらったエネルギーを、占い師が自分の体を通して相談者に与える技術をいいます。
一般的にはこの三つ目を「エネルギーワーク」といいます。

つまりエネルギーワークという占術は、その占い師が相談者との間のパイプ役となって成されるものといってもよいでしょう。

エネルギーワークで扱うエネルギーを降ろす「高位世界」とは愛、宇宙、神、世界における存在の根幹、などという大いなる世界のことです。

占い師からエネルギーワークを施される場合に相談者には果たしてなにが起こるのでしょうか。

ひとによってそれはさまざまです。
かつて出会った思い出深い人々との対話だったり、見たことのない先祖だったり、真っ白な光や虹色の世界の中に長い時間浸ったり、美しい音楽が頭の中に鳴り響いたりなどその体験も千差万別です。
魂の気質、形がみな同じではないようにその体験も一様ではないのです。

中にはエネルギーワークを受けているのに、なにも感じないままに終わったというひともいます。
しかしそれはエネルギーを受けていることに変わりはないので心配はいりません。

このエネルギーワークの恩恵をより多く受けるには、できるだけ占い師、それに占い師が媒介する高位世界との自分の心のブロックを外すことです。
つまり自分の心の純粋さをさらけ出すことが必須となります。
魂の仕組みが綺麗になることでエネルギーがそこへ充填されやすくなるからです。

エネルギーワークで受けた力で精神をパワーアップさせることにより、またひとは人生を強く歩いていけるようになるのです。

スポンサーリンク

占い用語集に戻る

占い用語集



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る