未来予知(みらいよち)とは

未来予知(みらいよち)とは

「未来予知」とは、文字通り占いによってそのひとの未来を見、それらを当てていく占術のことをいいます。
自分の未来は果たしてどんなものなのか、興味がないひとはいません。

とはいえ通常の占いでも未来はある程度見通すことができます。

「未来予知」は更にそこからレベルアップしていて、どう行動するかによってその未来を変えることも可能になっています。
例えば、彼と結婚を前提としたつきあいをしている女性の依頼で、「でも本当にこのまま彼と結婚して自分は幸せになれるのだろうか、もっと気になる他の男性ができてしまうのではないか」という内容で「未来予知」をしてほしいというものがあります。

通常の占いなら、結婚した場合だけを重点的にみてしまいますが、「未来予知」は、彼とそのまま結婚した場合、または結婚しなかった場合のその後の女性の出会いがどうなるかまでのケースをそれぞれを見通すことが可能で、どちらかを選んだ時にどうなるのか、その後のそれぞれの結果まで占うことができるのです。

スポンサーリンク

しかし「未来予知」は必ずしも占ってもらう側からして良い結果が出るものとは限りません。
そして高度な「未来予知」をする占い師なら、その嫌な未来からどのように行動すれば逃れられるのかまでをアドバイスしてくれます。

人間の抱える未来は不安定なもので、実はそれを変えることは不可能ではありません。
「未来予知」は、その占うひとがそのままの状態で将来もいた場合の出来事を見ることですから、もし未来を変えたいと依頼者が願うのなら「そのままの状態」を脱すればよいのです。
そのためにどのような行動をすればよいのかまでは、「未来予知」の占い師が教えてくれます。

「未来予知」はいわゆる予言のような決定的なもの、決して覆らないものというわけではないのです。
そのため、「未来予知」を受けるのに適したひととは占い師から受けたアドバイスを素直に受けいれて臨機応変に対応できるひとといえるでしょう。

今の自分をさらに良い人生へと導きたいという願いをポジティブに持ち続けるひとに最適な占いが「未来予知」なのです。

仕事のこと、恋愛のこと、家庭のこと、さらには人間関係のこと。

今の自分のままならこうなるという「未来予知」の結果を、自分をどう変えて書き換えしていきたいのかを考えること。
そのための適切なアドバイスをしてくれる占い師をみつけること。
それが「未来予知」を占ってもらう私たちに必要な心構えといえるでしょう。

スポンサーリンク

占い用語集に戻る

占い用語集



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る