勘違いじゃない!桃を食べて恋も実らせる両思いのおまじない

桃を食べて恋も実らせる両思いのおまじない

美味しい桃を食べて、好きな人と両想いになれたら、こんなにステキな事はないですね。

実際にこうした桃を使うおまじないがあります。
誰でも出来る難易度の低いおまじないです。
是非、桃好きな方に試してもらいたい、おまじないです。
食べて是非、恋も実らせましょう。

スポンサーリンク

桃を食べるおまじない方法

まず、新鮮で熟れた桃を用意します。
桃の数は3個です。
1つずつ丁寧に皮を剥いて食べましょう。

このときに心の中で両想いになりたい人の顔を思い浮かべてくださいね。

3つも食べるのは大変かもしれませんが、頑張ってください。
桃の精霊3人に頼むからです。

食べ終わったら、目を閉じます。
深呼吸を繰り返しましょう。
心の落ち着きが大切です。

「桃の精霊よ、西王母(せいおうぼ)に告げよ!我が恋を実らせ成就させよと!」
このおまじないの言葉を言いましょう。
そして最後に深呼吸してください。
更に言います。

「西王母様、私の恋の相手と心通じあえますよう、手解きくださいお願いします。」
このようにおまじないの言葉を告げます。
これでおまじないは完了です。

きっと女神の仲介で、あなたの好きなあの人と両想いになれると思いますよ。

桃を食べる時の注意点

桃の精霊3人に頼むので、3つ必ず食べきりましょう。
またおまじないの言葉は権高ですが、桃の精霊に頭を低く垂れるような謙虚さを持ちましょう。
あなたの為に中国の伝説の女神西王母に、お願いしてくれるのは桃の精霊だからです。
こうした、感謝と謙虚さがなければきっとその願いは通じないまま終わります。

スポンサーリンク

桃は中国の女神の愛した果物

中国の神々の住まう世界「桃源郷」といいます。
この世界の最高位の女神と言えば西王母です。

桃を特別視した、中国の天界にお願いするおまじないです。
格調高いおまじないです。

この西王母という女神は、ときに厳しくときに温かい女性の持つ美徳を持ち合わせています。

なので、あなたもこうした大きな他国の女神に助力を願う以上、心をしっかり持ちましょう。

生半可なふざけた気持ちならば、このおまじないをしない方がマシなのです。

終わりに

桃の精霊と、西王母の力によりあなたの意中の人と両想いになれる日も近いかもしれません。
もし両想いになれた時には、あなたのために霊力を中国まで運んでくれた桃を思いましょう。
あなたの為に一生懸命その使命を果たした桃をあなたのラッキーアイテムにしましょう。
そして、今後も美味しい桃を旬の季節に頂きたいものですね。ソウルフードとしても名高いです。


両思いのおまじないに戻る

両思いのおまじない

恋愛のおまじないに戻る

恋愛のおまじない



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る