【偶然のチャンス!】浴衣を使った夏祭りの両想いおまじない

浴衣を使った夏祭りの両想いおまじない

夏になると、あなたの最寄りの神社でも夏祭りが催されると思います。
この夏祭りで、あなたの両想いを神様に聞いてもらいやすくする、両想いのおまじないです。
この日に偶然あなたの意中の人もお祭りにきているかもしれません。チャンスですよ。
あなたの浴衣姿とおまじないで、両想いになりましょう。

スポンサーリンク

浴衣を使ったおまじない方法

あなたは、浴衣をもっていますか?まずない場合はこのおまじないはできません。
必ず、浴衣を用意しましょう。浴衣に着替えたら、浴衣の帯のところに櫛を挟みます。
この櫛は浴衣用の美しい櫛でも良いですし、安い現代風のものでも構いません。
しかし平べったい櫛であることにはこだわってください。まず夏祭りの前に神社に参拝します。

時間は午後の1時くらいがベストです。夕方や夜など、また早朝は避けてください。
そして、神様に夏祭りの日に好きな人と両想いになれるよう力をお貸しくださいと祈ります。
夏祭りの日に着る、浴衣のイメージを神様にイメージで伝えましょう。
この浴衣を神様が覚えてくださいます。あなたの心が清らかならば、聞いてくださるでしょう。

当日は浴衣に櫛を帯に挟み、心をピンと張りながら夏祭りに行きます。神様に心の中で
自分の浴衣のイメージを伝えます。参拝しなくとも、イメージを伝えてください。
お祭り当日に、参拝できるならば参拝してもう一度お願いするのがいいでしょう。
夏祭りの日に、両想いになりたい人が来ていたら、もしかしてあなたの美しさに見とれているかも。

あなたの美しい浴衣姿に恋の炎を燃え立たせているかもしれませんね。
お祭りから帰宅するときに、帯に挟んだ櫛で髪の毛をとかします。その時に心でつぶやきます。
「神様本日は有難うございました。●●●●は必ず両想いになります」
この、おまじないの言葉をつぶやくのです。これでおまじないは完了しました。

スポンサーリンク

浴衣や参拝についての注意点

浴衣はきちんとよれていないものを使用します。いわば正装なのです。
神様に失礼のない出で立ちで夏祭りに行きましょう。
事前参拝や当日参拝でお賽銭は必要です。

かならず100円程度のお賽銭は賽銭箱に入れましょう。
事前参拝時は私服でOKです。

美しく変身できる魔法の時間を過ごしましょう

浴衣を着たあなたを何倍にも美しくしてくれる、こうした瞞しを神様を使ってくださいます。
あなたはいつも以上に美しくて可憐に映ります。
あなたの意中の彼も同じように思います。
あなたの夏の夜の浮世離れした美しさに一目惚れするはずです。

終わりに

まれに、夏祭りに意中の人が来ない場合があります。
こうしたことがないように事前リサーチをしておくことが大切ですよ。
あなたの恋が両想いになることを、健闘を祈ります!


両思いのおまじないに戻る

両思いのおまじない

恋愛のおまじないに戻る

恋愛のおまじない



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る