オーラ診断結果|橙・オレンジ

オーラ診断|橙・オレンジの性格・恋愛・相性・職業

橙・オレンジをオーラに持つ人の性格

個性的
独特の個性が光る橙色のオーラの持ち主は、芸術的センスに恵まれ、他の人とは一味もふた味も違うお洒落を楽しみます。
普通の人では着こなせないような奇抜なファッションも、何故かお洒落に着こなしてしまうのが橙色の人。
周りの人からファッションリーダーとして注目される人は多いです。
ただ、その個性があまりにも強い為、大勢の中で浮いてしまったり、「難しい人」という印象を持たれることも多いでしょう。
しかし、とても優しい心の持ち主で、一度親しくなるととてもフレンドリーで気さくにつきあえます。
また、信頼を裏切ることはありません。

スポンサーリンク

慎重派
個性的で派手に見られる橙の人は、その見かけに反してとても慎重です。
どちらかといえば、常に考え込んでいるタイプで、何か新しいことをはじめる時には、考えに考えて考え抜いて、結果やらないという事も多いです。
石橋を叩いて渡るという言葉がありますが、橙色の方は、橋がまだ現れていない時から橋や橋の先にあることを想像し、石橋を叩いて叩いて、叩き過ぎて壊してしまうところがあります。
実際に行動を起こしてしまえば、大胆に事を進める一面もありますが、基本的には慎重すぎる臆病なところがあります。
しかし、一度取りかかると決めたことに関しては、徹底的に準備をし、きっちりと予定通りに完ぺきに近いカタチで遂行します。

マイペース
大勢の中にいても、自分のペースを崩さないマイペースタイプです。
個性的な橙の方は、発想も考え方もその他大勢とは異なり、集団の中ではなかなか周りと合わせることが難しいタイプです。
また、人から評価をされることを極端に嫌い、あくまでも自分は自分というスタンスを崩さない人です。
しかし、人と波長を合わせる術も身につけている橙の方は、表立ってぶつかることはなくても、ストレスをためてしまうことも少なくありません。

好奇心旺盛
慎重で臆病な所があるかと思えば、好奇心旺盛で大胆なところもあります。
ハタから見れば、「普段それだけ慎重な人がどうして?」と思うような行動をとったりします。
例えば、誰も行ったことがない未開の地に一人で旅行に行く、誰も挑戦したことがないことに挑戦する・・・など。
これらは、他の人から見たら好奇心旺盛で大胆に映りますが、そもそも橙の人は、発想も個性的です。
一般的な人たち(その他大勢)の着眼点とは異なるところに興味を持ちます。
そこが橙色の人の魅力であり、多くの人の興味をそそります。
男女問わず、モテる人が多いでしょう。

バイタリティ
自分自身のことや、周りを冷静に分析している橙の人は、「人生は楽しいだけではない」ということを知っています。
そのため、困難なことや、悲しいことが起こっても、少々のことではへこたれません。
むしろ、その困難や悲しみから這い上がることで、自分を成長させると考えている人です。
慎重で臆病な面だけからは計りしれない程のバイタリティ溢れる人です。
忙しくしている自分が心地よく、忙しければ忙しいほど元気になる人とも言えます。
サラリーマンになって、残業や休日出勤が続いても、根をあげることはなさそうです。
そんなバイタリティを買われて、重要なポジションに抜擢されることも多いでしょう。

橙色をオーラに持つ人の恋愛

出会い運
橙オーラの人は、その個性的な独特の雰囲気から異性にモテる人が多いです。
また、容姿端麗な方が多いので、常に出会いに恵まれています。
本人は気がつかなくても、密かに思いを寄せている人がいるかもしれません。

願望は少ない
人から注目されることが多く、異性からモテる人が多い橙色の人ですが、当の本人は恋愛や結婚にそれほど強い願望を抱いていません。
むしろ、恋愛や結婚をするより、自分のやりたいことをしたいという好奇心のほうが勝っています。
結婚は早婚か晩婚のどちらかに分かれます。

余程強烈な印象を与える人でないと、橙色の人が自分から異性にアタックしかけることはありません。

マイペース
いざ、恋愛関係が結ばれると、橙色の人の精神は良いバランスが保たれます。
しかし、パートナーがいても、マイペースな所は変わりません。
束縛を嫌い、自分のペースを崩されることを何より嫌います。
その点を理解してくれるパートナーと巡りあえたら、うまくやっていけそうです。

依存傾向
橙色の人は、自分自身はマイペースで束縛を嫌いますが、パートナーに対しては間逆の反応をすることがあります。
本気になると、パートナーに依存しやすく、相手の行動や交友関係などを全て把握しようとするところがあります。
また、嫉妬心も強く、時としてパートナーが窮屈に感じてしまうことも・・・。

一人の時間
本気になると依存しやすい橙色の人は、一人の時間を持つことでパートナーとの程良い距離感が保て、精神バランスも安定します。
終始二人でいると、視野が狭まって依存しやすくなるため、恋愛関係が成立した後も、一人の時間が必要な人だと言えます。

橙色と相性のよいオーラの色は?

赤のオーラを持っている方の強いエネルギーに惹かれやすい橙色。
ただ、どちらもエネルギーが強いため、何か衝突が起こると大きな喧嘩に発展しそう。
また、精神性が豊かな紫や白の人達を理解することが難しい橙色。
現実に起こっている出来事で物事を判断する橙の方にとって、精神性や理論的な紫や白の方はとても遠い存在に感じますが、憧れに近い感情を抱いています。
紫と白のオーラの人とは、いざ恋愛関係に発展すれば、互いをサポートし合えるいい関係になります。

橙色をオーラに持つ人の注意点

ストレスがたまり、バランスを崩した時の橙色の人は、我儘で自己中心的になりやすく、自分の事だけで精いっぱいの状態になります。
他の人の気持ちや状況を見る余裕を失い、優しさを失ってしまいます。
こうなると、周りから孤立した状態になってしまい、孤立状態に気がつくと、焦って周りを抑制しようとしがちです。
自分が他人の言動をコントロールしようとしている時は、バランスが崩れているのだと知り、一人の時間を設ける、趣味でストレス発散するなどして、人との距離感を保つように心がけましょう。

橙色をオーラに持つ人が向いている職業

バイタリティ溢れる橙色の方は、他人が嫌がるようなハードワークを楽しめる人です。
また、その個性的な発想は、芸術的センスに恵まれています。
向いている職業は、冒険家、システム開発、建築士、探偵、デザイナー、美容師等

オーラの色の濃さ

橙色が濃く綺麗に発色されているオーラは、現在精神状態が安定し、地に足がついている状態と言えます。
また、色が薄くなったり、陰りが見られるときには、視野が狭まり、自己中心的になっています。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


↓オーラ診断|当たる完全無料占いに戻る↓

オーラ診断|当たる完全無料占い

↓恋愛占いペナルに戻る↓
恋愛占いペナル|当たる完全無料占い

↓無料占いで満足出来ない方におすすめ↓

当たる電話占い

オーラ診断一覧


このページの先頭へ戻る