電話占いウラナのりさ先生の口コミと評判

りさ先生に相談するまでの経緯

今年28のナナです。
電話占い体験をしてみましたので、ペナルの記事を読んでる方の参考になればうれしいなと思います^^

簡単に私のことを紹介します!
私の夢は小さいときからお嫁さんでした。
幼稚園の先生にも褒められて、もちろん、小学校の卒業作文にも書きました。
25歳で優しい旦那様をゲットして結婚、28歳で子供を産んで、家は駅前のマンションに住んで専業主婦をする、という夢を。
そのために、小さい時から本を読んでイメージングしていました(笑)
 
そして28歳!

幼馴染の友人から毎月、合コンや飲み会に呼ばれるたびに、
「この子さあ〜小学校の時に、25歳で結婚するって言っていて、もう28歳なの〜マジ引くよね〜」と話のネタにされてしまい、内心イライラしています・・・!

私をダシにする友人は、ラブラブのカレと結婚して、今は愛ある生活を送っているとのこと。

なんだか腹立たしくって悔しくって。
それでも、何とか新しい出会いは…なんて思ってしまう私ってほんと情けない。
こんな私を脱皮したい、でも・・・

こんなとき思い出すのは、この間別れた彼のこと!!
彼と出会った時、私は25歳。本気で結婚できると思っていた彼なのに、なぜ結婚できなかったのか・・・。

そう考えると、何も手につかなくなってしまって、どうしようと思っていたら、ペナルさんで電話占い体験記事執筆するとかかった費用はペナルさん持ちという記事を見ました。
そして、占い師に相談するだけで人生が変わる的な売り文句も・・・笑


電話占いって聞いたことがあるけれど、人生が変わるくらいすごい占いってあるの?

ペナルさんに応募して紹介してもらったのは電話占いウラナさん。

電話占いウラナさんにはたくさんの当たる電話占い師さんがいらっしゃるようですが、私はこの中からりさ先生を選びました!

電話占いウラナのりさ先生


なぜなら、占い初心者ですし、なんとなく、優しそうかなって思ったので!

初めての人は、10分間無料っていうのも良心的だなって!
あと、+1000円ポイントも貰えちゃいました!


電話占いウラナ公式サイト(初回10分間無料+1000円分)


電話占いウラナ-りさ先生:占いの様子

初めての電話占いで、ドキドキしましたが、りさ先生は、優しいそしてかわいい声で、思わずびっくりしてしまいました!

よくテレビで出てくる占い師さんって、すごく怖い人とかいるじゃないですか!
あれ、ダメなのですよね。私・・・!

そして、りさ先生の鑑定が始まりました。


りさ先生

 

りさ先生:それでは、どのようなことを占いますか?


 

私:復縁です!


りさ先生:はい、わかりました。まず、あなたとお相手の方のことをおしえていただきたいのですが・・・。


 

私:えっと、大学時代の友達の紹介で!友達の彼氏と同じ大学だったので!


りさ先生:そうですか。それからお付き合いを?


 

私:はい。彼、公務員だったので、生活が安定しているから(笑)


りさ先生:・・・それで、彼からあなたに付き合ってほしいと?


 

私:いいえ。彼、人見知りで。彼の仕事先が固定されたって聞いてからすぐに、私から付き合ってっていいました(笑)


りさ先生:では、あなたが彼のことを好きになったのですね。


 

私:ええ。私、彼ほど私の理想にあっている人はいないと思っています!
彼は、すごくやさしいし、理想の旦那様なのです!!


りさ先生:あなたは・・・彼と結婚の話が出ているほど親密でしたか?


 

私:はい。もちろん。だって、付き合うってことはその延長戦上に結婚があるじゃないですか!彼と会うときには必ず、お弁当を持っていきましたし、プレゼントは手作り。去年は頑張ってマフラーを作りました!!


りさ先生:それで、彼は何と?


 

私:手作りなんてって、驚いていました。でも、やっぱりプレゼントって手編みじゃないといけないじゃないかなと!


りさ先生:それで、彼は何かを送ってくれましたか?


 

私:ええ。グッチのネックレスとか〜。でも、彼、いまいちセンスがないんですよね。私、ティファニーのリングが欲しいっていうのに全然私のほしいのを買ってくれなくって。


りさ先生:彼とあなたの考えが違うっていうことじゃありませんか?


 

私:えー、でも先生。普通は、彼女に贈るプレゼントはティファニーじゃないですか?


りさ先生:そうですね・・・それで、お相手の方と結婚のお話しは。


 

私:結婚の話はよく出ていました。私、すぐにでも結婚したかったんで!!
彼、公務員なんですよ。だから、お給料とかもちろん結婚したら私が管理したいしって。結婚したら、このマンションに住みたいねとか、子供はやっぱり初めは男の子がいいねっとか!


りさ先生:お相手の方は、結婚したら何か希望されていることとか。


 

私:いいえ。特に何も言っていませんでした。だって彼、話をするのが得意じゃないんですから!


りさ先生:うーん。そうですか・・・。


 

私:それで、今年のホワイトデーに、彼から大切な話があるって言われて。プロポーズだって思ってかなり頑張っておしゃれして約束の場所に行ったら、別れようって・・・(泣)


りさ先生:それで、あなたは?


 

私:ホワイトデーですよ。普通、プレゼントとか持ってくるもんじゃないですか!?
それも持ってこないで別れようなんていうんですよ。私がせっかく手編みのマフラー作ってきたのに。(泣)


りさ先生:マフラーって3年前だったんですか?


 

私:毎年、マフラーだったんです。だって、色違いっておしゃれでしょ。でも、彼ってそういう私の気持ちも考えてくれなくって。
もう、信じられないって思って!
だって、先生、私、彼にはいつも言ってたんです。私の夢は、28歳で結婚して、駅前のマンションに住んで、専業主婦してって。それなのに、それを聞いていたのに、彼ったら私に別れようなんて。ひどいと思いませんか?(泣)


りさ先生:・・・・・・それでその時のお相手の考えを知りたいということ、ですか?


 

私:復縁はできますよね。先生?


りさ先生:その前に・・・まず、あなたの今の状態ですが、なぜ、と考えてらっしゃって出口が見えないって感じですね。周りが見えていないって感じで。


そうなりますか?と私は思いました。
だって、復縁のことで先生に電話しているんですから。他のことなんて別にいいのに。

りさ先生は時間を気にしてくれていたので、私は納得いくまで占いたいので大丈夫です、と伝えると、りさ先生は少し考えて
「ちょっと整理していきましょう」と言われました。

たぶん、このときの私、すごく態度が悪かったと思います。
ただ、本当にイライラしてしまっていました。
でも先生は、優しい声でこういってくれたんです。


りさ先生

 

りさ先生:あなたのお気持ちもわかりますよ。ただ、大切なことって見えないことが多いので、間違いを犯してしまうこともあるんです。


そういわれたときに、ああ、私もしかすると彼のことを考えていなかったのかもと思いました。


りさ先生:彼はあなたの理想の相手そのものとおっしゃいましたが、どういうところですか?


 

私:仕事も安定しているし、優しいところです。


りさ先生:それがあなたの理想なんですね。


 

私:そうです。普通はそういうのが幸せじゃないですか!


りさ先生:人によって普通ということが違うように幸せは人によって違いますね。ただ、あなたが結婚願望の強い女性なのでプレッシャーになっていたみたいですね。


 

私:そうなんですか?じゃあ、彼も結婚とか考えてくれていたんですね。


りさ先生:ええ・・・まあ・・・なんていうのか。
ちょっとタイミングが悪かったって感じですね。


 

私:タイミングですか?


りさ先生:失礼ですが、彼と一緒にいるとき、いつも結婚の話をしていましたか?


 

私:ええ、もちろん。だって、私たち真剣につきあっているっていうことで!


りさ先生:それだけですか?他に何か・・・


 

私:他に?ああ、私たち結婚するっていうことは友達に言っていて。


りさ先生:お相手が言われる前に周りの人にお話ししていたってことですか?


 

私:ええ。だって、決断力がないので。先生、それと私たちが別れた理由って何ですか?


りさ先生:お相手の方は、結婚という言葉が辛かったようです。あなたが毎回お相手に与えていたプレッシャーをさらに周りの方にいうことでもう逃げられない状態になった。あなたは、お相手の方があまりお話をしないとおっしゃいましたが、おしゃべりをされる前に自分からお話をしていませんか?


 

私:え?


りさ先生:まじめな方なんですね。だから、あなたとの結婚も考えていたと思います。でも、結婚の前のお付き合い期間にもっと、色々と二人で計画して遊んだりしたかったみたいですよ。
もしかすると、計画はすべてあなたがやっていたんですか?


 

私:そうです。え?それも嫌だったんですか?


りさ先生:お相手はそれが束縛と感じられたようです。
あと、プレゼントもそうですが、それもプレッシャーだったみたいで。何か、プレゼントでお相手に意見されたことはありますか?


 

私:結構いろいろと言っていたと思います。


りさ先生:実は、それでかなり傷ついていらっしゃるようです。
お相手の方が思っていらっしゃるのは、自分も何も言わないんだから、そんなに文句を言ってほしくないって。
もうかまってほしくないて。


 

私:自分も何も言わないって、まるで私に言いたいことがあるみたいじゃないですか。


りさ先生:先ほどおっしゃられましたね。お相手の方はお話し下手だって。
それをよくわかっておられるのはあなたじゃないですか?


りさ先生の言葉を聞いて、驚きました。
彼は、優しくっていつもにこにこ笑っていたけれど、楽しく話をしているところは思い出せなかったんです。
いつも私が一方的に話をしていて、彼が何を話していたかも覚えていないくらいで。

それに、彼、私の作ったマフラーをしてくれたことなんて一度もありませんでした。


 

私:確かに、そうです。じゃあ、みんな私のことで・・・


りさ先生:そうですね。お付き合いしはじめてからずっと結婚のプレッシャーがあったら、まじめなお相手はそれこそそのプレッシャーに押しつぶされそうだったでしょうね。
たとえば、あなたが、大好きな彼と付き合い始めで将来設計を語られたらどうですか?


 

私:私ですか?・・・正直、嫌です。だって、私のプランじゃないですから。


りさ先生:ですね。もうおわかりになられましたね。お相手の方の心情が。


 

私:はい。・・・すごく悪いことをしてしまいました。


りさ先生:その心がけがあれば、次のステップを踏むことができますよ。
それで、復縁を希望されますか?


 

私:ぜひ。彼に謝らないといけないし・・・。やっぱり、私、彼と 一緒に色々と考えて歩いていきたいので!


りさ先生:わかりました。では、あなたは、お相手との関係をどのようなものになさりたいとお考えですか?


 

私:えっと・・・さっきも言いましたが復縁です!


りさ先生:そうですね。ですが、復縁っていうのも色々とありまして、前と同じ状況を望まれるのは、難しいかと思います。


 

私:はい。私も・・・そうだと思います。


りさ先生:お相手の方のお心は・・・別れてさびしいと思っていらっしゃいます。


 

私:そうですか・・・。


りさ先生:でも・・・すみません。たぶん、今は少し時間が欲しいのかも。
この方、実は色々と会社からお仕事とか資格を取ることとかいわれているみたいですけれど。


 

私:あ・・・そういうの、聞いたことあるような・・・。
思い出したんですけれど、彼の部署で中国語が話せる人が必要になって、それで中国語検定とかうけなくちゃいけないみたいで。


りさ先生:今、国際化って言われていますからね。
仕事で必要ならなおさらでしょうね。


先生の言葉に、少しずつ彼が見えてくる気がしました。
今までずっと、自分の理想の家庭しか考えなかったから、彼の周りのことは全然見ていなかったんです。
これって駄目な彼女だな・・・と落ち込んでしまう私でしたが、先生は言いました。


りさ先生

 

りさ先生:お相手の方と共通のお友達はいますか?


 

私:一人います。その彼女から色々と聞いてます。


りさ先生:じゃあ、彼のことはしっかりと情報収集されているんですね。


 

私:はい。


りさ先生:まず、あなたがされなくてはいけないのは、待つことですね。
今、お相手はとてもお忙しいから、あなたとの時間は作れないと思います。
あと2か月くらいたってから、連絡をされたらいいかも。


 

私:いいんですか・・・?


りさ先生:はい。
その前に、毎日の彼への連絡メールをすべてやめて、ですが。


どきっとしました。実は、別れてから毎日、彼にLINEを送っていたのです。
既読になるけれど、返事がなくって。
やっぱり嫌われていたんですね。


 

私:先生、私、変ですか?


りさ先生:少し、控えられたほうがいいですね。
ほら、よくいうじゃありませんか。押して、引けって。


 

私:じゃあ、そうします。


りさ先生:あと、もう一つですが・・・あなたは、お相手が安定した生活を送れる相手だから選んだって言われていましたね。


 

私:はい。でも、今は大丈夫です。頑張っている彼を応援したくなりました。


りさ先生:それなんですが。
お相手の方、ボランティアか何かに興味がある方ですか?


 

私:そういえば、大学ではボランティアサークルに入っていたみたいです。もしかして。


りさ先生:そのもしかして、が起こるかもしれません。
海外への関心が強い方ですし、日本国内のボランティアか海外の・・・協力隊員っていうんですか、そういうものに今大変興味を持っていて。


りさ先生がおっしゃったことは一つ一つ納得がいきました。
彼は、私と付き合うまでずっとボランティアで過ごしていたって友達がはなしていて私はそのとき、暇だったんだねって笑っていましたが、彼はそのときどう思っていたか、考えると恥ずかしくなりました。


 

私:先生、彼は将来、ボランティアをしたいって思っているのですか?


りさ先生:今も続けていらっしゃるようです。あなたにもそれを話したかったみたいですが。


 

私:私、何も聞いていなかったのかな。


りさ先生:でも2か月後、連絡したら彼も時間があるし会えるチャンスがありますよ。


 

私:それを聞いて安心しました。あと、彼、新しい彼女とかまだいませんよね?


りさ先生:そうですね・・・まだいないようですが、でもお相手のことを気に入っている人はいらっしゃるみたいですよ。
後輩さんかしら。お心あたりは?


 

私:あ・・・そういえば、新卒の子が入ってきたって聞きました。その子ですかね。それで、彼は・・・。


りさ先生:かわいい後輩って感じですね。
彼女、部署のマスコットみたいな存在で。
でも、今は連絡しないほうがいいですよ。それでなくても、彼にとってあなたは一度、別れた人になっています。


 

私:じゃあ、2か月待って連絡、ですね。


りさ先生:できるだけ、さりげなく装ってくださいね。
彼のことでいっぱいになっているかもしれませんが。
あと、残念ながら彼に結婚のことをすぐいうのは良いとは、思えません。
あなたの理想と彼の理想は、違うようなので。


 

私:私の理想には、彼は無理ってことですか?


りさ先生:申し訳ありませんが、相手の方の考えを変えることはできません。
理想をちゃんとお持ちですので、その辺を理解してさしあげたら、よろしいかと思います。


 

私:じゃあ、復縁の可能性ってあるってことですか?


りさ先生:あなたが、お相手を理解してさしあげて、お相手の方のお話しをじっくりと聞いて差し上げてください。前のようにご自分の話はあまりしないで。
そうですね。3:7くらいで、ご自分は3、お相手は7くらいでお話しするようにしたら、大体、4:6くらいの割合になりますから。
ただ、前のようなご自分を出すことを前面に出さないようにしてくださいね。


 

私:わかりました。では、これから2か月、私はどうやってすごせばいいのですか。


りさ先生:何か趣味を持たれたらいかがですか?


 

私:実は、趣味っていうほどのものがありません。最近、ずっと友達の飲み会ばっかりで。


りさ先生:そうですか。楽しい飲み会ならいいですけれど、あまりウキウキしないようなものなら、出かけられない方がいいですよ。


 

私:確かに、そうですよね。お金ばっかりかかるし。
私も、私のできることを始めます!


りさ先生:そうしてください。彼のことばかりじゃなくて、色々と趣味を持つことで視野も広がりますよ。


 

私:ありがとうございます!また、進展があったら連絡します!


りさ先生:はい。ぜひご連絡お待ちしています。


こうして、私の初電話占いは終わりました。

結果ですが、肩の荷がおりました!
彼に対して自分が執着していることがわかり、恥ずかしいです(笑)

もし、自分が彼だったら、と思うと私ってなんて女だったんだろうって思います。
あと、彼のボランティアのことですが、あのあとすぐに共通の友達に連絡すると、彼、仕事先でボランティアの役員をすることになり、今までの経験をもとに楽しそうに活動をしているそうです。

彼は、それを本当に生き生きと楽しそうにしているので、周りの人もやる気が出るとか。
そんな素敵な人が元彼だったのだなって思うと誇らしいのですが、今の私にはまだ、彼は縁遠い感じがして。
とにかく彼が落ち着くまで、待ってみようと思います。

その間に、少しでも彼のことを理解できたらと思い、ボランティアについて勉強してセミナーを受けて、中学時代に少しやっていた習い事を再開することにしました!

そうすることで、りさ先生も考えの幅が広がるといってくださいましたし。
りさ先生とお話しして2週間たちますが、勉強会や習い事の方に参加することで、今まで知り合わなかったような友達ができました!

あの私をダシにする幼馴染の飲み会がいったいなんだったのかって考えるほど、充実しています。
そして、今、なぜあんなに彼に理想の結婚だの、理想のカップルだのを押し付けていたのかわかりません。

本当に恥ずかしくって、今度彼に会ったら絶対に新しい自分を見てもらって、もう一度一からやり直してみようと思います!

りさ先生がおっしゃったように、たとえ彼が結婚をすぐに考えてなくても、もしかするとボランティアを仕事にするって行っても、私はついていこうって思いました。

りさ先生との出会いは、私を変えてくれました。
彼との復縁についてだけでなく、私の福縁をもたらしてくれたものだと感謝しています。

占いをするときは、私も復縁したらいい、彼が戻ってきてくれるっていってもらったらいいと思いました!

でも、今は占いって実は、自分が変わらなくては何にもならないことで、その後押しなのだなって感じます。

もし、その後押しが必要なとき、悶々と悩んで、飲みたくもないお酒を飲んで飲み会に参加するより一度、占いってもらうほうが、新しい道が開けるのかもしれません!

料金は無料鑑定分を差し引いて1400円でした!20分くらい話しました。

以上、ナナの電話占いウラナの体験談でした♪


電話占いウラナ公式サイト(初回10分間無料+1000円分)


矢印電話占いご利用の感想・口コミはこちらへ♪

感想・口コミを送る!(PCスマホのみ)


電話占いランキングに戻る
当たる電話占い


スポンサーリンク


電話占いウラナのりさ先生の口コミと評判-りさ先生に相談した!関連ページ
無料電話占い情報
当たる占い師のサイト選び
電話占いの口コミ比較
電話占いカリスの口コミと評判
電話占いウィルの口コミと評判
電話占いピュアリの口コミと評判
電話占いシエロの口コミと評判
電話占いウラナの口コミと評判
電話占いカミールの口コミと評判
電話占いマヒナの口コミと評判
電話占いフェリーチェの口コミと評判
電話占いフィールの口コミと評判
電話占いヴェルニの口コミと評判
エキサイト電話占いの口コミと評判
みんなの電話占いの口コミと評判
電話占いユアーズの口コミと評判
電話占いデスティニーの口コミと評判
電話占いリエルの口コミと評判
電話占いクォーレの口コミと評判
電話占いスピカの口コミと評判
電話占い魔法のランプの口コミと評判
電話占いミスティーラインの口コミと評判
電話占いロバミミの口コミと評判
電話占いウィルのマリーン先生の口コミと評判
電話占いピュアリの神女先生の口コミと評判
電話占いヴェルニのレナ先生の口コミと評判
電話占いカミールの神あい先生の口コミと評判
電話占いフィールの桔梗先生の口コミと評判
電話占いピュアリの神楽先生の口コミと評判
電話占いウィルのキララ先生の口コミと評判
電話占いウラナの神代先生の口コミと評判
電話占いヴェルニのアネク先生の口コミと評判
電話占いピュアリの重陽先生の口コミと評判
電話占い師口コミ
電話占いフィールの美沙先生の口コミと評判

このページの先頭へ戻る