電話占いウィルのマリーン先生の口コミと評判

マリーン先生に相談するまでの経緯

ペナルで、当たる電話占いランキングを見たとき、占いの館に行かなくてもそんなことができるのね、と思ったものです。

ええ。まさかそのとき自分が使うなんて思いもよりませんでした。

 

でも、こんなことってそんなによくあることなんでしょうか。

いつものように彼とデートする約束をしました。

 

私の出張が重なって、彼と会う時間が少なかったけれど、毎日ラインと電話のやり取りをして密に付き合っていると思っていました。

付き合ってもう5年。そろそろ結婚とか、言ってくれないかしらなんて期待しながらデートの日を迎えたんです。

 

デートの日、いつもの待ち合わせ場所に行くと垢抜けた格好の彼がいました。

いつもは、暗い色の服なのに明るい色のシャツを着て、髪形もいつものところじゃなくておしゃれな美容院でセットしてもらったような。

これは、何かあるのかしら、と期待してしまった私ですが、彼は私の姿を見るとため息をついて「やあ」と一言。

 

そのとき、彼の変化に気づくべきだったのでしょうが、私は久しぶりのデートに舞い上がっていたんです。

「待っていてくれていたの?またすごくおしゃれだけれど、どうしたの?」

私がそう聞くと彼は別に、と言ってそっけない態度をとります。

なんだろう、と思っていると彼は、彼はまじめな顔をしてこういいました。

「あのさあ、単刀直入にいうけれど、別れてほしいんだ」

そのとき、私は驚きで一瞬何を言われたのかわかりませんでした。

 

そのあと、私はどうやって家に帰ったのか覚えていません。

気が付くと、自分の部屋のベッドの上に居ました。

化粧も落とさずに泣いて、そのまま眠り込んでいたようです。

夜中の部屋で、私はもうどうすればいいのかわかりませんでした。

泣いて寝て、そして起きても彼はもう私から離れているんですから。

 

哀しくて、大声で叫んでしまいたいくらいの状況でした。

私が何か悪いことをしたの?って彼に言いたかったけれど、それも言えませんでした。

泣いても彼は帰ってこないのはわかっているけれど、なぜこんなことになったんだろう。

自問自答しましたが、答えは出てきませんでした。

 

誰かの声が聞きたい、アドバイスが欲しい。

私はそう思いました。

 

では誰に?やはり、客観的に見てくれる人がいい。

ということは、占い師さん?

 

私は良くペナルを見ていたので、ペナルの復縁占いやら彼の気持ち占いやら、試しました。

でも、それだけじゃ、私の知りたいことは満たされませんでした。(管理人さんすみません。)

 

今の私の状況を占ってくれるに最適な人。

そうしているうちに見つかったのが、ペナルの当たる電話占いランキングで評判の良かった電話占いウィルMARLeeen先生でした。

(正しい表記はMARLeeen先生と書くみたいですが、MARLeeen先生と書くと長いのでマリーン先生と書かせてもらいます。)

 

電話占いウィルのマリーン先生

 

実は、私自身は占いが好きでいつも占いの館で占ってもらっていましたが、今回はそこに行く気力すらなかったのです。

後で知りましたが電話占いウィルは渋谷に占い館があるようですね。

 

電話占いウィルの口コミと評判から登録をして、マリーン先生に鑑定をお願いしました。

ちょうど電話占いウィルは3000円分無料で使えるキャンペーンだったので、思ったより安く上がり助かりました。

 

電話占いウィル公式サイト(約3000円分無料)

 

電話占いウィル-マリーン先生:占いの様子

登録をして予約したらすぐに電話が繋がりました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:こんにちは。あなたの生年月日とお相手の生年月日を教えてください。


マリーン先生は、優しい声で的確に話を聞いてくれそうな感じでした。

生年月日を伝えると、先生はそうですね、と言われた後、彼の仕事について話をされました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:お相手の方は、あなたと違う会社に勤めていますね。


 

私:はい。公務関係で・・・


マリーン先生:ああ、なるほど・・・あなたは転勤などで動かれる人みたいだけれど、彼は今の仕事に勤続しているようね。


確かにそうです。彼は、役所関係に勤めているので転勤などはほとんどありません。

そのあと、マリーン先生は「このお相手の方、あなたのような民間の人のことはわからないから、あなたがどんなに忙しいって説明しても理解できないのよ」と言われました。

当たっています。彼は私が転勤の話をすると「女に転勤ってあるわけ?」と何かを疑うような顔をしていました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:それに、お相手の方、すごくプライドが高いわね。だからあなたに負けたくないって思いがあるみたい。


 

私:はい。そうです。彼、プライドが高くって・・・。


マリーン先生:やっぱりね。だから・・・なのね・・・


マリーン先生は何かを理解されたようにつぶやかれると、この方の好きな人のことなんだけれど、と言われました。

 

 

私:はい・・・いるって言われました。


マリーン先生:そうなの・・・・・・。どんな子か聞いた?


 

私:はい、年下の女の子で・・・


マリーン先生:一回り以上年下に見えるけれど。


 

私:一回り、ですか?


そのとき、何かで頭を殴られたような気がしました。

私、32歳、彼34歳、そして一回り年下って21歳くらいってこと?

 

マリーン先生:ずいぶん幼く見える、女の子。お相手さん、すごくデレデレだわ。


聞きたくなかったことをずばっと言われて胃が痛くなりました。

若い女がいいっていう同じ会社の中年おやじの顔が目に浮かびます。

確かに20歳くらいの女の子はかわいいし、やっぱり彼も男だったってことなんだ、と思うとなんだか悔しいやら悲しいやらで、泣けてきました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:お相手の方とお付き合いして何年でしたっけ。


 

私:5年です。彼の勤め先がうちの会社のお得意様だったので、そこで知り合って。


マリーン先生:そうなんですか・・・。彼、あなたが毎日連絡してくれているのはわかるんだけれどもう少し他の人も見てみたいって気になったみたいよ。


 

私:なんですか?それ。


マリーン先生:お相手の方の仕事先って男性が多いんじゃない?


 

私:はい。確か男性だらけで。


マリーン先生:そこで、先輩に結婚したらその人だけになるから、他も見とけって言われたみたい。それで、遊びにいったところで知り合った女の子と意気投合って感じ、かしら。


そんなことで、素直に他の女に目移りするものなの?

 

マリーン先生:残念ながら、そういう人みたいです。女の人の気持ちとかあまり考えない人だし。KYですね。


気の毒そうにそういわれて、余計に悲しくなる私でしたが、それでも覚悟をきめてマリーン先生に尋ねました。

 

 

私:マリーン先生、では、彼はもう私のこと、嫌いなんですか?


マリーン先生:いえ、嫌いとか好きとかはありません。ただ、お相手の目はもう新しい女の子に向いているだけなんです。


どういう意味なんだろう、私が考えていると先生はこうおっしゃいました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:お相手さんは割と単純な方のようですね。今の彼女さんは、若くていつもお相手の方を持ち上げてくれるような人らしいです。たぶん、彼女さんはまだ18.9歳くらいかしら。だから、いろんなことを知っているお兄さん、みたいに思っていらっしゃるのよ。


 

私:じゃあ、相手の女の子にとって彼って・・・・・・。


マリーン先生:学校の先生って感じね。彼女自身のコンプレックスでもあるみたいだけれど。


 

私:そうなんですか・・・。あの先生、じゃあ彼はもう私のところに戻ってこないんですね。


マリーン先生:あなたはどういう風にお望みですか?


 

私:彼ともう一度やり直したいです。それって可能ですか?


こんな形で別れるのは嫌だ、と思い私はそう言いました。

どんな形でも彼とつながっていたい、心からそう願ったのです。

 

マリーン先生はそれを聞いて、なるほど、とおっしゃり「それは可能ですよ。但し、本気で願っていればですが」とおっしゃいました。

 

 

私:それってどういうことですか?


マリーン先生:いえ、あなたが本気でお相手の方との未来を考えられるなら、それを引き寄せられるという意味です。言葉は言霊ですから・・・


 

私:じゃあ、私が彼と復縁したいと言ったらできるんですね。


マリーン先生:はい。


 

私:だって、フラれたんですよ。私、それでもまだ見込みがあるんですか?


マリーン先生:ええ。お相手の方はあなたのことを嫌っていませんから。


嫌っていないから大丈夫っていうことがわかりません。ただ、この時は先生にかけてみようと思ったんです。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:では、今後のお相手の方ですが、ちょっと考えていた展開と違う展開が待ち受けてらっしゃいます。


 

私:違う展開?


マリーン先生:お相手さん、変化することとか嫌う方ですね。あまり拒絶されたりすることもなく生きておられたような。妨害とかそういったものにあったことがない。違いますか?


 

私:ええ。なんでも自分で計画して実行する人です。だから、計画通りいかなかったりしたとき、すごく落ち込んでいますが。


マリーン先生:じゃあ、今回のことでは、お相手さん、怒ったりするまえに唖然とするかもしれませんね。


 

私:え、どうしてですか?


マリーン先生:つまり、選ぶのはお相手さんではなくて新しい彼女さんであるってことです。主導権は常にお若い人が持っていたということですよ。


 

私:それって、彼はフラれるってことですか?


マリーン先生:フラれるよりもショックかもしれませんね。いずれにしろ天変地異が怒ったみたいな感じです。自信喪失くらいはするでしょうね。


フラれるよりショックなことってなんだろう、と私が考えていると先生は軽快な口調でこういわれました。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:まあ、あちらから何かアクションが来ますからお待ちください。お相手からメールが来たら読むだけにとどまっていた方がいいです。決して自分の意見は言わないでください。相手が話を聞いてほしいといったときは、素直に話だけ聞いてあげてできるだけ責めないでどんなにお相手に非があっても聞くだけにとどまってください。そして、どこまでもお話しだけを聞いてあげて、お相手が納得したようならすぐに家に帰ってください。彼と泊まりは絶対にしないでくださいね。


 

私:え?傷ついている人にそんなことしたらかわいそうじゃないですか?


マリーン先生:そういったかわいそうなことをその方はしていたんですよ。泣いたらよしよし、と言ってやさしくしてくれる、なんて考えさせたら同じことを何度もされます。お相手は、あなたのことを言っては何ですが、軽んじてらっしゃいます。


 

私:そんなこと・・・できるでしょうか。


マリーン先生:大丈夫です。彼からの連絡ではできるだけさらっと。相手が思いを残すような態度をとって。もう一度やり直そうという言葉は相手から言わせてあげてください。


 

私:はい・・・わかりました。先生のこと、信じてみます。


マリーン先生:頑張ってください。お相手から連絡があるまでは、そうですね。少しご自分もイメチェンされたらどうですか?


 

私:いいですね。気分転換にやってみます。ありがとうございます。


マリーン先生のアドバイスをいただき、私は胸のつかえが拭えました。

占い師の言葉ってすごいなーと思いながら、その日はゆっくりと眠ることができたのです。

1回目の鑑定料金は3600円ほどでした。無料キャンペーンがあったので実質支払は600円でした。

 

そして、次の日、彼からのメールが入っていました。

内容は、今の新しい彼女のこと。

ご丁寧にどんな人か書いてあります。

もし、マリーン先生のアドバイスを聞いていなかったら泣いて読みもしなかったでしょうが、なぜか冷静にそれを読んでいる自分がいました。

 

内容を見ると、新しい彼女は居酒屋のアルバイトと客として知り合ったとのこと。

年齢は19歳。まさにマリーン先生の言っていたこととぴったりです。

 

初めは、アルバイターの彼女が公務員試験を受けたいのでという相談にのったことがきっかけだったということでした。

そういえば、学校の教師の免許も持っていた彼ならではの話だな、と思いました。

 

私は、返事を返さず、先生のおっしゃる通りただ、彼のメールだけ受け取っては読み、そのまま放置をしていました。

すると、彼から「相談したいことがある」とメールを受け取りました。

 

待ち合わせはいつもの喫茶店。

いつものごとく先に来ていた彼は前とは明らかに違った感じでした。

彼は、いつも私と会うときに来ていたグレーっぽい上着、そして髪形はなんだか疲れているのか、整えた風にも思えなくて。

前は垢抜けたように思ったのに、今日はトーンダウン。

 

まだ34歳なのにもう40半ばくらいに見える顔。

何があったの?と尋ねると「うーん」と言ったきり1時間。

私は、ああ、マリーン先生の言ったことが当たったんだ、と内心思いました。

 

そして、その夜、私は電話占いウィルにアクセスし、マリーン先生に再鑑定の予約をしたのです。

 

マリーン先生

 

マリーン先生:こんにちは。お相手さんから連絡があったんですか?


 

私:そうなんです。ほんと、びっくりするような展開で〜。


マリーン先生:晴れやかな感じですね。いいですよ。それで、どうしたんですか?


 

私:先生の言うとおり復縁することになったんです。


マリーン先生:それはおめでとうございます。


 

私:ありがとうございます。本当に、こんなことってあるんですね。びっくりなんですが・・・。マリーン先生のおっしゃったように、あのあと彼から連絡があって・・・相手の子が19歳で、付き合っているって。毎日のようにノロケメールが送られてきて、ほんと、非常に能天気な人で。


マリーン先生:それって、KYですね。


 

私:そうなんですよ。でも、先週、そのメールがぷっつりと途切れて。それで3日前、いきなり会おうって言い出して。


マリーン先生:何かお相手にあったの?


 

私:ええ。実は、彼女の親に会いに行ったんですって。そうしたら、お母さんが今度再婚する彼氏を連れてきていて、その彼氏が彼と同じ年齢だったんです。それだけじゃなくって、その彼氏、なんと彼と同じ中学校だったみたいで。


マリーン先生:へー、彼女のお母さんっておいくつ?


 

私:37歳だったんですって。それで、彼とお母さんの年齢があまり変わらないってことでなぜか彼女が初めてショックを受けたらしくって・・・。あと中学生の時の同級生がお義父さんっていうのも気まずいものがあったみたいで。


マリーン先生:だって、義理のお父さんと同じ年齢、お母さんと3歳しか違わないということもショックかもね。


 

私:そのあと、彼女から呼び出しがあって別れようって言われたらしくって。彼はそれで、色々と話をしたらしいんですが、彼女の親からもお義父さんと同じ年の人はちょっと・・・って言われたらしくって。彼女もお母さんにそう言われたら、本当に好きだったかどうかわからなくなってきたって。


マリーン先生:そうでしょうね。彼女にとって彼は先生みたいなものだったし。


 

私:ええ。それに対して彼、すごくショックだったみたいです。まさか自分がフラれるわけがないって思っていたみたいで。


マリーン先生:・・・本当に、ショックでしょうね。まさか、そんなことでフラれるなんて。でも彼もそれをあなたに告白するのも勇気がいったでしょうね。


 

私:わたしとしては、ああーやっちゃったねって感じですが。


マリーン先生:かなり達観されましたね。いい調子ですよ。


 

私:ありがとうございます。それで、一応、彼の話を全部聞いて・・・喫茶店の閉店時間まで話を聞いていました。


マリーン先生:まあ、大変でしたね。ご苦労様です。


 

私:彼から一通り話を聞いた後、まあ、がんばってって言って喫茶店の前で別れたんですが、彼がどこかへ行こうって誘ってきて。だから、私、なぜ?って聞くと彼、お前は行きたくないのかって。私、本当にこの人、人のことなんかわかっていない人だなって思って。だから、「私たち、つきあっていないんですけど」というと、彼、黙っちゃて。それで、こっちも腹が立ったんでそのまま帰ろうとしたら、行かないでくれって言われて。


マリーン先生:それでそうしたんですか?


 

私:「私、明日も仕事があるから」って言って帰りました。そうしたらメールでやり直そうって書いてきて。それで、先生にご連絡したんです。


マリーン先生:すごいですね。お相手からのメールって、それだけですか?


 

私:一応、謝ってくれています。ごめんって。俺が悪かったって、すごい長文で。でも、私どう返事すればいいかわからなくって。


マリーン先生:そうですね。一言、よろしくお願いします、くらいでいいと思います。あなたは礼節を重んじる大人の女性なのですから。


 

私:はい、わかりました。そうします。


マリーン先生:でもよくがんばりましたね。


 

私:先生にそういっていただけると嬉しいです。それで、次は結婚をするにはどうしたらいいかって思っていて。


マリーン先生:結婚ですか?お二人にとってこれからは、すごくいい時期ですよ。


 

私:そうなんですか?


マリーン先生:ええ。お相手の方、おそらく春の人事異動で、出世されます。それで、もうそろそろ結婚じゃないかって周り上司の方や同期の方からも言われるみたいですよ。お相手さんは、周りの意見を重んじられると思いますので、あなたもそのつもりで考えられた方がいいですね。


 

私:そうですか。嬉しいです。あと、結婚したら仕事を辞めたいんですが・・・


マリーン先生:それは・・・言わない方がいいと思います。お相手の方、おそらく共働きでと考えておられるみたいですから。


 

私:え?そうなんですか?私、夢は主婦なんです。


マリーン先生:うーん・・・あなたは、主婦になってもまた外に働きに出たいって思う方ですよ。それにご主人は、きりっとしたあなたが好きみたいです。


 

私:嬉しいです。じゃあ、当分は働きます。


マリーン先生:ええ。がんばってください。お相手にプレッシャーを与えず、かっつかずやわらかい感じでお相手を見守ってあげてください。


 

私:はい。ありがとうございます。


私の2回目の占いはこうして終わりました。

2回目の料金は4800円でした。

 

その後、彼と私は復縁し、毎日楽しく暮らしています。

そして、次の人事異動でもし彼が望むポストが手に入ったら、結婚しようと言ってくれました。

 

私は、大丈夫だよ、と言うと彼は「最近、褒めてくれるからうれしい」と言ってくれます。

今までの私は彼を褒めていなかったのか、彼はやさしくされたかったんだなと改めて思いました。

 

ですが、彼にフラれたあの日、また復縁するなんて想像なんてつきませんでした。

あのとき、もしマリーン先生に連絡していなかったら、どうなっていたのだろうと思います。

彼が彼女にフラれて私のところへ来ても、私は怒りのあまりに彼を罵倒し、最低な別れを切り出していたかもしれません。

今、傍にいる彼は、とても穏やかで落ち着いているように見えます。

それは、彼自身が今回経験したことがそうさせているのかもしれません。

 

ともあれ、マリーン先生には本当にお世話になりました。

もし、お困りのことを抱えていらっしゃる方がいらっしゃりましたら、一度電話占いウィルのマリーン先生に占っていただくことをお勧めいたします。

私の体験談が恋に悩むどなたかの力になれば幸いです。

 

電話占いウィル公式サイト(約3000円分無料)

 

矢印電話占いご利用の感想・口コミはこちらへ♪

感想・口コミを送る!(PCスマホのみ)


電話占いランキングに戻る
当たる電話占い


スポンサーリンク


電話占いウィルのマリーン先生の口コミと評判-MARLeeen先生に相談した!関連ページ
無料電話占い情報
当たる占い師のサイト選び
電話占いの口コミ比較
電話占いカリスの口コミと評判
電話占いウィルの口コミと評判
電話占いピュアリの口コミと評判
電話占いシエロの口コミと評判
電話占いウラナの口コミと評判
電話占いカミールの口コミと評判
電話占いマヒナの口コミと評判
電話占いフェリーチェの口コミと評判
電話占いフィールの口コミと評判
電話占いヴェルニの口コミと評判
エキサイト電話占いの口コミと評判
みんなの電話占いの口コミと評判
電話占いユアーズの口コミと評判
電話占いデスティニーの口コミと評判
電話占いリエルの口コミと評判
電話占いクォーレの口コミと評判
電話占いスピカの口コミと評判
電話占い魔法のランプの口コミと評判
電話占いミスティーラインの口コミと評判
電話占いロバミミの口コミと評判
電話占いピュアリの神女先生の口コミと評判
電話占いウラナのりさ先生の口コミと評判
電話占いヴェルニのレナ先生の口コミと評判
電話占いカミールの神あい先生の口コミと評判
電話占いフィールの桔梗先生の口コミと評判
電話占いピュアリの神楽先生の口コミと評判
電話占いウィルのキララ先生の口コミと評判
電話占いウラナの神代先生の口コミと評判
電話占いヴェルニのアネク先生の口コミと評判
電話占いピュアリの重陽先生の口コミと評判
電話占い師口コミ
電話占いフィールの美沙先生の口コミと評判

このページの先頭へ戻る