タロット占いが当たる理由

タロット占いが当たる理由

タロット占いは、基本的には、トランプでゲームを行う時のようにシャッフルを行い、そこからランダムに選んだカードをリーディングします。
そのため、少々複雑なレイアウトを用いることはあるものの、はじめて占ってもらった方は「どうしてただカードをデタラメにひいただけなのに当たるの?!」と驚くことが少なくありません。
事実タロット占いの的中率は、能力の確かなプロの占い師が占った場合非常に高いです。
どうしてタロット占いは当たるのでしょうか。

タロット占いは、特に明確なデータを必要とはしない占いです。
ただどんなことを知りたいかということは当然必要。
占い師によって細いやり方は違いますが、通常はシャッフルの段階で、質問内容をカードに十分に問いかけ、答えが得られたと感じるところでシャッフルを止めてから次の段階にすすみます。

スポンサーリンク

このステップにおいてもっとも重要な点は、「カードは伏せられている」ということです。
当たり前のことではあるのですが、タロット占いは、ギャンブルやゲームなど勝ち負けのある状況でカードを配るわけではありません。
ですから、その点から考えると、カードが表に見えていたところで、関係ないという考え方もできるわけです。

ところが実際は、占う直前までタロットカードは絵柄が見えない状態のままでなければなりません。
その理由は「意識的にカードを選ぶことを防ぐ」ためです。
非常に強いインスピレーションを持つ占い師がカードを選んだとしても、絵柄が見えていればつい何らかの意識が働いて、カードを選びとってしまう可能性は0%にはなりません。
徹底して意識が働かないように配慮するということで、「完全な無意識」を作り出して行うのがタロット占いです。

では、無意識とは何でしょうか。
意識には2種類があり、そのうち自覚していない意識=無意識を、フロイトは潜在意識と呼びました。
そして、潜在意識の深い部分は全ての人間で共有しているという説を唱えたのがユングです。
つまりタロットカードでは、完璧な無意識の状態を作り出し、占い師と相談者、相談者に関わりのある人たちなどと潜在意識を共有、それをカードに呼び起こすものである、ということがわかります。

偶然ひいたカードを解釈しているようにみえるタロット占いですが、その裏には実にシステマティックな部分が隠されていることがお分かりいただけたでしょうか。
長く続く歴史もタロット占いの信頼性を裏付けています。何か迷った時、あと一歩前に進みたい時、タロット占いをぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

♪ペナルのタロット占い♪

タロット占い
霊感タロット

タロット占いとは?に戻る

タロット占いとは?



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る