VIII. 力 - THE STRENGTH

カードの絵柄と性質

「力」のカードには、若い女性が獰猛なライオンを優しく撫でているシーンが描かれています。

デッキによっては「力士」と表現されることもありますが、女性は力を使っている様子はなく、むしろライオンが女性にすっかり慣れている感じさえします。

 

ライオンは人間の「本能」や「物欲」を表していて、女性は「忍耐強さ」「芯の強さ」を表しています。

非力な人でも勝算を見出す為には力に頼っていてはいけません。

人間の精神力の強さは、あらゆる物質的な力に打ち勝つことができる、ということを象徴しているのです。

 

「力」のカードはウェイト版では8番ですが、マルセイユ版では11番「正義」と入れ替わっています。

マルセイユ版では、若い女性がライオンの口の中に手を入れている様にも見えます。


キーワード

 

正位置および逆位置でのキーワードは以下のようになります。

 

正位置 逆位置
気力意志 無謀無理
信念勇気 過信自意識過剰
努力忍耐 失敗妥協
根気寛容 無気力消極的
大恋愛積極的 自信喪失

正位置の意味

・強い意志を持つ

・困難を克服する

・努力が報われる

 

地位や名誉に関わらず、強い意志と信念を持って目標に向かうことができます。

迷う要素はなく、例え困難な状況であっても自分に自信を持って進めば乗り越えられます。

最後まで諦めず粘り強く挑戦していけば、周囲の状況を変えることができるでしょう。

 

このカードを引いた人の心に、力強さと積極性をもたらしてくれる効果があり、依頼内容によっては大恋愛を意味します。


逆位置の意味

・自信過剰による失敗

・忍耐力不足

・自信喪失

 

明らかに自分の能力以上のことに挑戦して、準備不足や判断ミスから失敗してしまいます。

その結果自信を喪失してしまい、何もかも投げ出して周囲に迷惑をかけてしまうことになります。

これで明らかに上手くいくというアイデアがあったとしても、他人の方が優れたアイデアを持っていて、競争の末敗北する可能性を示唆しています。

 

逆位置を引いたら自分は自信過剰になっている状態だと思い、少し謙虚な気持ちを持つべきであると告げています。


片思い占いで「力」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

見た目の美しさではなく、性格の良さをアピールすれば相手に好意を持って貰えます。

一度印象付けることができれば、1ヵ月もしないうちに相手から告白してくるでしょう。

年齢差や格差がある相手程お互いが惹かれ易く、長続きするカップルになれます。

 

逆位置の場合

彼はあなたのことを、性格は悪くないのですが女子らしさに欠けると思っています。

彼の目の前だけではなく、普段からもう少し優しく丁寧な言動をする様に心がけましょう。

自由奔放でついうっかり的な発言が彼の耳に入り、幻滅されてしまう可能性が高いので注意して下さい。


結婚占いで「力」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

近い将来初めて出会った男性と恋に落ち、そのまま1年も経たずに結婚してしまう可能性があります。

結婚してから相手がプチセレブだったことなども分かり、経済的にも恵まれた結婚生活が送れます。

夫婦に危機が訪れてもあなたが忍耐強く接すれば、最終的に問題が解決して幸せになれます。

 

逆位置の場合

相手の理想の結婚生活に近づけようと無理をし過ぎてストレスが溜まってしまいます。

結婚前に譲れる部分とそうでない部分を話し合っておかないと、後悔することになります。

例え相手が「結婚してしまえばどうにでもなるから」と言っても、安易に妥協はしないで下さい。


復縁占いで「力」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

最初は彼があなたを敬遠して中々会ってくれません。

しかしあなたは諦めず、返事が来なくても粘り強く彼に連絡をして下さい。

彼の心は外壁で閉ざされていますが、とにかく根気良くアプローチすれば壁を崩すことができます。

一度心を開いてくれたらそこからは復縁もスムーズにいきます。

 

逆位置の場合

彼と復縁できそう、という時にポロリと本音が出てしまい、彼の気持ちが遠のいてしまいます。

やさしい彼に甘えるつもりでワガママを言うことも避けましょう。

別れた時に彼に対して抱いていた不満は一切口に出さず、彼と一緒にいて幸せだという気持ちを大切にして下さい。


仕事占いで「力」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

今まで自分がやりたいと思っていた仕事が見つかります。

転職先では今までの経験やスキルを生かすことができて、期待の新人と言われるでしょう。

上司や先輩も良い人達ですので、とにかくやる気を見せて努力をすればすぐに職場に溶け込めます。

 

逆位置の場合

仕事自体にはやり甲斐があるものの、周囲の人間関係が思うようにいかず、孤立してしまいます。

何でもまずは自分の思い通りにやってみないと気が済まないという性格ですが、最初から周囲のアドバイスを聞く謙虚さも大切です。

報告・連絡・相談を大切にして仕事を進めていく努力をして下さい。


金運占いで「力」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

一時的に金運がアップしますので、仕事以外で臨時収入が望めます。

自宅に不要なものがあれば、買取に出してみると意外な程高額査定が出る可能性があります。

しばらくは勝負事に強い状態ですので、お小遣いの範囲で公営ギャンブルに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

逆位置の場合

賭け事で大損する可能性があります。

投資をしている人は金額を控えて様子を見て下さい。

買いたい物やサービスが、必要と思った時にキャンペーン期間が終了していることもあります。

大きな金額を持っているとつい気が緩んで使いたくなってしまいまのすので、早目に定期預金などを組んでしまった方が良いでしょう。


終わりに

「力」のカードは、内に秘めたパワーを表しています。

依頼者は今すぐなんとかしたいと思って鑑定を受けるのですが、即日解決という訳にはいかないことをやんわりと伝えてあげましょう。

 

特に逆位置の場合、忍耐が足りなくて悪い方向へ行きかけている人が多くなります。

女性が丁寧にライオンを手なずける様に、少しずつ段階を踏んで目標に向かうことをアドバイスしてあげて下さい。


スポンサーリンク


【タロットの意味】VIII-力関連ページ
タロットが当たらなかった?
タロット占いに要注意!
復縁方法を占うタロット占い
金運が良くなるタロット占い
結婚相性・出会いもタロット占い
相手の気持ちが分かるタロット占い
人間関係の悩みをタロット占い
仕事・転職をタロット占い
霊感タロット占いが当たった!
【タロットの意味】0-愚者
【タロットの意味】I-魔術師
【タロットの意味】II-女教皇
【タロットの意味】III-女帝
【タロットの意味】IV-皇帝
【タロットの意味】V-法王
【タロットの意味】VI-恋人
【タロットの意味】VII-戦車
【タロットの意味】IX-隠者
【タロットの意味】X-運命の輪
【タロットの意味】XI-正義
【タロットの意味】XII-吊られた男
【タロットの意味】XIII-死神
【タロットの意味】XIV-節制
【タロットの意味】XV-悪魔
【タロットの意味】XVI-塔
【タロットの意味】XVII-星
【タロットの意味】XVIII-月
【タロットの意味】XIX-太陽
【タロットの意味】XX-審判
【タロットの意味】XXI-世界
【タロットの意味】ワンドの1
【タロットの意味】ワンドの2
【タロットの意味】ワンドの3
【タロットの意味】ワンドの4
【タロットの意味】ワンドの5
【タロットの意味】ワンドの6
【タロットの意味】ワンドの7
【タロットの意味】ワンドの8
【タロットの意味】ワンドの9
【タロットの意味】ワンドの10
【タロットの意味】ワンドのペイジ
【タロットの意味】ワンドのナイト
【タロットの意味】ワンドのクィーン
【タロットの意味】ワンドのキング
【タロットの意味】ソードのエース
【タロットの意味】ソードの2
【タロットの意味】ソードの3
【タロットの意味】ソードの4
【タロットの意味】ソードの5
【タロットの意味】ソードの6
【タロットの意味】ソードの7
【タロットの意味】ソードの8
【タロットの意味】ソードの9
【タロットの意味】ソードの10
【タロットの意味】ソードのペイジ
【タロットの意味】ソードのナイト
【タロットの意味】ソードのクィーン
【タロットの意味】ソードのキング
【タロットの意味】カップのエース
【タロットの意味】カップの2
【タロットの意味】カップの3
【タロットの意味】カップの4
【タロットの意味】カップの5
【タロットの意味】カップの6
【タロットの意味】カップの7
【タロットの意味】カップの8
【タロットの意味】カップの9
【タロットの意味】カップの10
【タロットの意味】カップのペイジ
【タロットの意味】カップのナイト
【タロットの意味】カップのクィーン
【タロットの意味】カップのキング
【タロットの意味】コインのエース
【タロットの意味】コインの2
【タロットの意味】コインの3
【タロットの意味】コインの4
【タロットの意味】コインの5
【タロットの意味】コインの6
【タロットの意味】コインの7
【タロットの意味】コインの8
【タロットの意味】コインの9
【タロットの意味】コインの10
【タロットの意味】コインのペイジ
【タロットの意味】コインのナイト
【タロットの意味】コインのクィーン
【タロットの意味】コインのキング

このページの先頭へ戻る