XV. 悪魔 - THE DEVIL

カードの絵柄と性質

「悪魔」のカードには、上半身が人間で下半身が獣の悪魔が描かれています。

ウェイト版もマルセイユ版もほぼ同じデザインですが、マルセイユ版の悪魔は上半身は女性の様にも見えます。

悪魔の下には首を鎖で繋がれた男性と女性がいますが、頭には角が生えていて尻尾があり、既に半分悪魔化しています。

両手はフリーで特に鎖を外そうとしている様子もなく、悪魔のしもべに甘んじていると思われます。

 

このことから、自分で努力をすればできるのに、精神的に囚われてしまい不自由な状況から抜け出せなくなっている状態を象徴しています。

悪魔という存在により悪い影響を受けるのではなく、心の中に潜む闇を悪魔と捉え、断ち切れない因果関係に陥っている状態です。

そしてその状態がぬるくて心地良いとさえ思ってしまっている、意志の弱さを表しているのです。


キーワード

 

正位置および逆位置でのキーワードは以下のようになります。

 

正位置 逆位置
嫉妬執着 嫉妬執着
欲望束縛 悪意意地
堕落誘惑 恨み過信
邪念喪失 悪循環自己中心
悪意過信 因縁を断ち切る解放
暗転悪循環

正位置の意味

・嫉妬や欲望で心が乱れる

・不安や焦りで空回りする

・強い喪失感

 

自分の欲望ばかりが膨れ上がり、他人に嫉妬したり執着したりして、悪い意味で張り合う様になります。

その結果お互いに足を引っ張り合い共倒れしてしまい、そこから抜け出せなくなってしまいます。

周囲の状況が良く見えなくなっているので努力をしても報われず、返って余計なことをしでかします。

こだわりを捨てて意地ばかり張らずに、もっと無欲になることの大切さを告げています。


逆位置の意味

・余計なお世話をする

・嫉妬や恨みに満ちた心

・自分らしさが失われる

 

逆位置の「悪魔」のカードは、正位置の意味とほぼ同じですが、リーディングによっては未来への希望を意味することもあります。

根底にあるのは自己中心な性格で、嫉妬や欲望が原因で様々なことに悪循環をもたらします。

自分の思い通りにならないと相手に対して恨みを持つようにもなり、段々と優しい心や人としての理性まで失ってしまうかも知れません。

 

取り返しが付かなくなる前に、思い切って全ての煩悩を断つべきであると告げているカードです。


片思い占いで「悪魔」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

あなたの他に彼のことをとても好きな女性がいます。

それは周囲の人が知っていることで、皆その女性を応援しているのですが、あなたが彼のことを好きだという噂が流れ、まるであなたが横恋慕した様に言われてしまいます。

彼に近づきにくい状況になってしまい、中々進展できません。

 

逆位置の場合

常に彼のことが気になって仕事が手に付かない程だったのが、他の男性に褒められたことがきっかけで自分に自信を持てる様になり、スッキリとします。

彼のことばかりではなく自分のプライベートを充実させることの素晴らしさを知り、そこから更に魅力的な女性になっていきます。

彼への執着心がなくなると、不思議と彼の方から話しかけてくる様になります。


結婚占いで「悪魔」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

今結婚を焦り過ぎると、妥協で相手を見つけてしまいます。

相手もあまり考えずにノリで結婚を決める様な人で、こんな筈じゃなかったと後悔します。

世間体や自分の理想はあるでしょうが、結婚という言葉にこだわるのではなく、信じ合い支え合えるパートナーと巡り合うことを考えて婚活をして下さい。

 

逆位置の場合

今の彼と結婚して本当に幸せになれるのかと悩みますが、新しい出会いが近づいています。

付き合いが長い彼の方に未練を感じてズルズルと関係を続けてしまいますが、ここはきっぱりと別れて新しい彼氏と付き合った方が幸せになれます。

結婚してからも安心して付いていける夫となるでしょう。


復縁占いで「悪魔」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

彼と復縁したいあまりに自分に無理をしてしまい、できない条件を飲んでしまいそうです。

彼はあなたが束縛することに対して不満を感じていたので、あなたは決して束縛をしないという条件を提示して復縁に成功します。

しかし彼の浮気を疑ってストレスが溜まり、以前よりも不安定になってしまうでしょう。

 

逆位置の場合

彼への未練の気持ちは、もうすぐ薄れてきます。

あなたには他に良い出会いが待っていて、彼への執着心は出会いを境にスッキリとなくなります。

今はまだ辛いかも知れませんが、彼のことばかり考えずにもっと外へ気持ちを向ける様にして下さい。


仕事占いで「悪魔」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

仕事が非常に忙しくなり、残業や休日出勤が増えて疲労が蓄積します。

しかしあなたや同僚が幾ら頑張っても全て上司の手柄となり、ねぎらってくれる様子もありません。

自分の仕事以外のことを頼まれたら、断るか優先順位を考えて後回しにするなどして、健康管理をして下さい。

 

逆位置の場合

長い間思う様に仕事が進まなかったのが、上司の異動によりスムーズに進む様になります。

やりたいようにやらせて貰えることになり、効率も上がって内容の濃い仕事ができるでしょう。

人間関係も良くなり、会社を辞めたいと思う気持ちがなくなります。


金運占いで「悪魔」のカードが出た時のリーディング

正位置の場合

親友や、信頼できる立場の人から勧められて、高額な商品を購入します。

将来的に資産価値が出ると言われて決断するのですが、すぐに全くのウソだったことが分かります。

親友も同様に騙されてるので強く非難できずに、痛い出費となってしまいます。

 

逆位置の場合

お金の使い道に関して正しい判断ができる様になります。

副業を行っている人や起業を考えている人は、今のうちに仕入れ先を確保したり、販売ルートを確立しておくと、半年後に大きな収入を得られます。


終わりに

「悪魔」のカードは絵柄がグロテスクなので悪いイメージがありますが、自分の心の中の悪魔と戦うことで悪縁を断ち切ることができる希望のカードでもあります。

特に逆位置の意味は悪いものばかりではありませんので、リーディングする側が邪念に囚われない様にしましょう。



スポンサーリンク


【タロットの意味】XV-悪魔関連ページ
タロットが当たらなかった?
タロット占いに要注意!
復縁方法を占うタロット占い
金運が良くなるタロット占い
結婚相性・出会いもタロット占い
相手の気持ちが分かるタロット占い
人間関係の悩みをタロット占い
仕事・転職をタロット占い
霊感タロット占いが当たった!
【タロットの意味】0-愚者
【タロットの意味】I-魔術師
【タロットの意味】II-女教皇
【タロットの意味】III-女帝
【タロットの意味】IV-皇帝
【タロットの意味】V-法王
【タロットの意味】VI-恋人
【タロットの意味】VII-戦車
【タロットの意味】VIII-力
【タロットの意味】IX-隠者
【タロットの意味】X-運命の輪
【タロットの意味】XI-正義
【タロットの意味】XII-吊られた男
【タロットの意味】XIII-死神
【タロットの意味】XIV-節制
【タロットの意味】XVI-塔
【タロットの意味】XVII-星
【タロットの意味】XVIII-月
【タロットの意味】XIX-太陽
【タロットの意味】XX-審判
【タロットの意味】XXI-世界
【タロットの意味】ワンドの1
【タロットの意味】ワンドの2
【タロットの意味】ワンドの3
【タロットの意味】ワンドの4
【タロットの意味】ワンドの5
【タロットの意味】ワンドの6
【タロットの意味】ワンドの7
【タロットの意味】ワンドの8
【タロットの意味】ワンドの9
【タロットの意味】ワンドの10
【タロットの意味】ワンドのペイジ
【タロットの意味】ワンドのナイト
【タロットの意味】ワンドのクィーン
【タロットの意味】ワンドのキング
【タロットの意味】ソードのエース
【タロットの意味】ソードの2
【タロットの意味】ソードの3
【タロットの意味】ソードの4
【タロットの意味】ソードの5
【タロットの意味】ソードの6
【タロットの意味】ソードの7
【タロットの意味】ソードの8
【タロットの意味】ソードの9
【タロットの意味】ソードの10
【タロットの意味】ソードのペイジ
【タロットの意味】ソードのナイト
【タロットの意味】ソードのクィーン
【タロットの意味】ソードのキング
【タロットの意味】カップのエース
【タロットの意味】カップの2
【タロットの意味】カップの3
【タロットの意味】カップの4
【タロットの意味】カップの5
【タロットの意味】カップの6
【タロットの意味】カップの7
【タロットの意味】カップの8
【タロットの意味】カップの9
【タロットの意味】カップの10
【タロットの意味】カップのペイジ
【タロットの意味】カップのナイト
【タロットの意味】カップのクィーン
【タロットの意味】カップのキング
【タロットの意味】コインのエース
【タロットの意味】コインの2
【タロットの意味】コインの3
【タロットの意味】コインの4
【タロットの意味】コインの5
【タロットの意味】コインの6
【タロットの意味】コインの7
【タロットの意味】コインの8
【タロットの意味】コインの9
【タロットの意味】コインの10
【タロットの意味】コインのペイジ
【タロットの意味】コインのナイト
【タロットの意味】コインのクィーン
【タロットの意味】コインのキング

このページの先頭へ戻る