5月30日生まれの性格と仕事、恋愛相性と運勢

5月30日生まれは

温和でのんびり、周りの人を和ませてくれる天使

5月30日生まれの性格

5月30日生まれのあなたは、いわゆる「天然キャラ」といわれるユニークな人です。


大真面目に言った一言が、なぜか笑いを誘ったり、一所懸命になればなるほどふざけているように見えたり…と、

本人には不本意なことがあるかもしれませんが、そんなあなたに救われている人はたくさんいます。


でも、そんなキャラクターも、それを演じるような行為は決してしてはいけません。
誰かの期待に応えるために、わざと自分を作ったりするのは本末転倒というものです。

あなたは、自然体になればなるほどますます魅力的になり、人に好かれるという稀有な人格の持ち主なのです。

人から笑われたり、もしかしたら馬鹿にされるようなこともあるかもしれませんが、それは軽蔑や侮辱の言葉ではなく、親愛の情の現れなのです。

みんな、本当はあなたのようになりたいのです。

どうぞ、自信を持ってあなたのキャラクターを貫いてください。
あなたは、周りの人たちを和ませ、ホッとさせる天使なのですから。


スポンサーリンク

5月30日生まれの恋愛、結婚

あなたの恋愛に対する気持ちは、ちょっと複雑でわかりにくいと思われがちです。


なにしろ、照れ屋さんなのです。
あなたは、人から「きれいだね」とか「かわいいね」と言われるのが苦手ですね?


褒められるとつい、「でも、ここが気に入らないから〜」とかもう、冗談ばっかり言って〜」なんてふざけてしまって3枚目を演じてしまいます。


同じように、「愛してる」とか「好きだよ」なんて言われようものなら「何いっちゃってんの〜!」なんて、大笑いしてしまいそうです。

それじゃあ、せっかく盛り上がりそうなムードが水の泡・・・

そんなあなたが素敵な恋愛をするためには、褒め言葉や愛の言葉は茶化さないで受け止めること。

やさしく、自信を持って「ありがとう」と言える訓練をしてください。


それがあなたの恋愛運、そして結婚運をアップさせる決め手なのです。

たまには2枚目も、悪くないですよ!


スポンサーリンク

5月30日生まれと相性の良い誕生日

1月6日1月17日1月28日
2月3日2月14日2月24日
3月5日3月11日3月26日
4月1日4月8日4月22日
5月4日5月10日5月29日
6月7日6月8日6月24日
7月3日7月12日7月30日
8月2日8月11日8月22日
9月7日9月16日9月27日
10月5日10月18日10月30日
11月5日11月8日11月19日
12月2日12月13日12月19日

5月30日生まれの運命の人

12月8日

5月30日生まれの仕事、金運

あなたは、仕事に欲がない人ですね。

どんな仕事でも、給料に文句を言わず、勤務条件にもこだわらず、出来ること、縁のあった仕事は一所懸命こなします。

でも、やり始めてすぐに「だけど、これが本当にやりたい仕事だろうか?」と悩みはじめ、気づけば退職願を出していた、なんてこともありそうです。


そうなってしまう本当の理由は、自分のやりたいことにずっと蓋をしてきたからなんです。

仕事はもらえればそれだけでありがたい、と口では言うけれど、実際にはそうじゃないこと、もうわかりましたよね?


さあ、あなたのやりたいことを開放するのは今ですよ。

たとえ、それがお金にならなくても、本当にやりたいことができるなら、

別の仕事をしたとしても、今までよりきっと、お金を稼ぐことが楽しくなるでしょう。

そう、あなたに必要なのは、生きる目的なのです。

目的がはっきりすれば、あなたの仕事運、金運は驚くほどアップすることでしょう。


5月30日生まれの今年の運勢

5月30日生まれの今年の運勢は、しり上がりの良運となるでしょう。


もし、4月までに、あなたにとって今までにいなかったようなインパクトのある師と巡り合えたら、今年は飛躍的に運勢が上がる兆しです。


その人とは、一生を通じてお付き合いができる、密度の濃い関係となる可能性があります。


新しいことを始めるのも吉。
人との出会いを大切にすれば、今すぐでなくてもいずれ大きい仕事につながりそうです。


あなたは、今までの人生を棚卸しして本当の適職を見つける良い機会を与えられます。

ここで勝負をかけて、自己投資すれば、必ず何倍にもなって還ってきます。

良い人と巡り合うには、あなた自身の魅力を磨くことが大切です。
魅力とは、愛のエネルギーの大きさのこと。


体調管理やメンタルケアに気をつけて、より大きなエネルギーを身につける努力をすれば、あなたの魅力はアップし、人生の思い出の残る、素晴らしい年となることでしょう。


誕生日占いに戻る
誕生日占い


スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る