運命の赤い糸を手繰り寄せて彼と急接近の片思いおまじない

彼と急接近の片思いおまじない

いいな、と思う彼がいてもなかなか勇気を出せず、自分から近寄ることができない。
そんな悩みを抱えていませんか?
このおまじないには「チャンスが向こうからやってくる」「自分自身に不思議な勇気がもてる」という二つの効果があります。
まさに、片思い中のあなたにピッタリのおまじないですよ。
ただし効き目が高い分注意事項も多くなっていますので、必ず下記の注意事項には目を通してください。

スポンサーリンク

おまじないに必要なもの

10cm四方の可愛い布(タオル地不可)
赤い刺繍糸

チャコペン

おまじないのやり方

1、10cm四方の布に、チャコペンで彼の事を知っているだけ書きます。(名前、生年月日、星座、学校、職場、趣味etc)
2、赤い刺繍糸でチャコペンで書いた彼の事を縫い取っていきます。(玉止めや玉結びを3回以上するとより効果が高くなります)
3、なるべく丁寧に縫い取ったら、谷折りに半分にし、開いている3辺を同じく赤い刺繍糸で閉じます。
4、適当なサイズになるまで3を何回か繰り返します。
5、出来上がったものは、常に肌身離さず持ち歩きます。

スポンサーリンク

なぜこのおまじないに効果があるのか

可愛い布はあなた自身をさし、それに彼の事を赤い糸で縫い付ける事であなたと彼を急接近させるおまじないです。
思いを込めて縫い取ることで刺繍糸に「運命の赤い糸」のチカラを帯びさせる事ができるので、効果はかなり高くなっています。

運命がつながってしまうので、彼との作業ができたり、彼から話しかけられたりする上に、緊張して話せない、というようなこともなくなり自然と彼と結ばれる方向に進んでいきます。
つながっていない運命の赤い糸を強引につなぐ手法なので、下記の注意事項は必ず守ってください。

おまじないの注意事項

効果の高いおまじないだけに、何点か注意しなければいけない事があります。
まず、彼の情報はなるべく詳しいものにしてください。
運命の赤い糸が彼の事を正確に認識できないと、同姓同名の別人のような、彼とは違う人を引き寄せる可能性があります。

次に、できたものは他の人に決して見られないように注意してください。
誰かに見られてしまうと、「運命の赤い糸」からただの刺繍糸に戻ってしまう上に、一度切れた赤い糸はつなぎなおすことはほぼ不可能なので彼とは一生結ばれない運命になってしまいます。
彼と付き合う事が出来たら、肌身離さず持ち歩く必要はなくなりますが、けして無くさないでください。

付き合ってからでも、効力がなくなった場合は彼との別れが待っているからです。
ただし海か土に返した場合は、効果が半永久的に続きます。
彼と付き合えた場合は、土に埋めるか海に沈めましょう。

終わりに

いかがですか?
かなり効果が高い反面、扱いが難しいおまじないであることもわかっていただけたかと思います。
中途半端な思いでは、実行しないことをおすすめします。
もし、彼と結婚してもいい、と思えるぐらい彼の事が好きなら試してみてくださいね。


片思いのおまじないに戻る

片思いのおまじない

恋愛のおまじないに戻る

恋愛のおまじない



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る