【出会いの季節に!】桜の塩漬けで出会いを運ぶ縁結びおまじない

桜の塩漬けで出会いを運ぶ縁結びおまじない

新しい出会いを探している人に素敵なおまじないがあります。桜の花を使ったおまじないです。
春限定なの?と思われるかもしれませんが、安心してくださいね。桜の塩漬けを使います。

一年中できる、とてもキュートな、おまじないなのです。桜の生気を力にしましょう。
あなたの良縁を桜が運んでくれる、なんともロマンチックなおまじないです。

スポンサーリンク

桜の塩漬けのおまじない方法

まず、桜の塩漬けを用意します。これはスーパーなどで手に入りますし、ネットでも購入できます。
桜の塩漬けを用意したら、熱い緑茶を用意します。出来れば新茶が良いです。

新茶が手に入らない季節は、普通の緑茶で大丈夫です。その中に桜の塩漬けを浮かべます。
すると桜がふんわりとしてきます。そうしたら、黙ってお茶を飲み干します。
熱いので、ゆっくりで良いので飲み干してください。その後、残った桜の塩漬けを食べます。
ゆっくりと噛み締めながら「桜の妖精よ、桜の生気を得て、私は今出会いを求めます」と言います。

このおまじないの言葉をつぶやいてください。でも食べながらだと難しいなら心の中でもOKです。
これで出会いの機運が高まりました。桜の生気があなたの中で生き始めるのです。

桜の塩漬けおまじないの注意点

桜の塩漬けのおまじないで中止なくてはいけないのは、桜の塩漬けの管理です。
瓶詰めがほとんですが、いくつか入っています。一度瓶をあけると管理が難しくなります。

カビが生えないように、細心の注意を払ってください。桜の塩漬けがある以上何度でもOKです。
暇な時を見つけて何度でもチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

桜は出会いを呼ぶ

桜の季節は文字通り、出会いの季節なのです。こうした出会いの季節を呼んでくれる力があります。
桜の塩漬けはその花をそのまま塩に漬け込んで封じていますから、お茶で戻すと生き返ります。

この生気を利用することで、小さな春があなたの中に出来上がります。桜の妖精に祈るのです。
この小さな妖精は、純真無垢で出会いという言葉が大好きなので、きっとあなたの願いを叶えます。

終わりに

出会いがないことで躍起になってしまうかもしれませんが、おおらかな気持ちを持ちましょう。
あなたが焦るとその気持ちは妖精に嫌なものとして映ります。純真無垢な妖精を見習いましょう。

何度でもできるおまじないなので、そこが嬉しいところです。何度でも続けてみましょう。
恋の歯車がゆっくりと回転しますから、楽しみですね。


縁結びのおまじないに戻る

縁結びのおまじない

恋愛のおまじないに戻る

恋愛のおまじない



スポンサーリンク



このページの先頭へ戻る