色占い【桃・ピンク】

桃・ピンクを選んだ人の性格

ピンクは、女性に好きな人が多い色です。
ピンクの色そのものが女性を象徴した色と言われ、事実、ピンクの色には女性ホルモンを刺激し、活性化させる効果があると言われています。
またピンクは恋愛をイメージさせる色です。

ピンクが好きなあなたは、人に愛されたいと願う気持ちが強く、まさに恋愛を求めている人と言えるでしょう。
人からちやほやされたり、甘えさせてもらえることが好きで、かまって貰えることで愛情を貰えていると安心する人。
誰かに引っ張っていって欲しいと願う人なので、人の指示・命令に従って行動することが好きです。
自分一人で何かを決断することや、リーダーシップを発揮しなければならない役割を与えられると、途端に不安になります。


スポンサーリンク

性格は陰陽で言えば、陽のタイプに属し、良く話し、良く笑い、声も大きく、早口の人が多いのが特徴です。
大勢自らが敏感なので、人に対しても細かな所まで配慮します。
相手が不愉快にならないように接することが、コミュニケーションを取る上で大きなポイントになっています。
人に対して、どんなときでも穏やかに接する愛情深い人です。
愛情を求める気持ちが強い分、与える愛情も人並み以上に強い人です。
非常に世話好きで、他の人が気がつかないような細かなところまで気配りが出来ます。

また、ピンクが好きな人は、美しいものに憧れる気持ちが強く、流行に敏感で、お洒落な人が多いのが特徴です。
歳をとっても、お洒落心を失わず、アンチエイジングにも力を入れるタイプ。
年齢を増すごとに、実年齢より見た目年齢が若い人が多いでしょう。
この理由は、美へのこだわり、すなわち、老いへの恐れの現れとも言えます。

ピンクが好きな人は、例え結婚をしても、年をとってもロマンチストな心を持っています。
いくつになっても、同姓から「綺麗」「若い」「お洒落」と言われたい、異性からは異性として意識されたい気持ちが強いのです。

色以外の趣向も、美しいものを好みます。
お花や絵、音楽など、優しく穏やかなものを好み、自分の身の周りは好みのもので揃えていきます。

ピンクを選ぶ人の特徴は、愛され願望が強いだけでなく、人に対する同情心が強いのも特徴の一つです。
困っている人がいると、放っておけずに、率先して世話を焼きます。
そして人から「ありがとう」と言われることが好きで、「ありがとう」と言われた自分に自分の存在価値を見出します。

その為、自分以外の人が、自分より頼りにされたり、ちやほやされていると、内心は穏やかでいられない所があります。
また人から「イヤ」「ダメ」とNOを言われることや、美を否定されると、とことん落ち込みます。
一度落ち込んでしまうと、中々気持ちが切り替えられないデリケートさがあります。


桃・ピンクを選んだ人の恋愛

どちらかと言えば、スローテンポな優しい雰囲気を漂わせているので、異性からモテるタイプ。
ピンクの人自身、周りから「優しい人」「守ってあげたい人」と思わせたい願望があるので、異性や同姓からモテることで、愛情を確認し満たされます。

等身大のありのままの自分よりも、か弱く、脆く見られたいタイプで、弱く見せることで、より多くの愛情を得ようとする心理が働いています。
意識、無意識に関係なく、微妙に相手との力関係を計って、相手より少し弱い自分に見せるように振る舞います。
自分を相手より低く、弱く見せることで「甘えさせて」と伝えているのです。

そのため、ピンクの人は他人に対する依存心が強いタイプが多いです。

か弱さの見せ方と、人に対する依存が、極端に強くなると、男性なら「女々しい」、女性なら「媚びてる」と思われ、周りから反感をかってしまうこともありそう。
ただ、適度な見せ方であれば、自然と周りの人が「放っておけない人」と思って、自然とサポートしてくれるでしょう。


桃・ピンクを選んだ人と相性の良い色

相性の良い色【銀・シルバー】

ピンクを選んだ方は、シルバーを選んだ方と相性が良いです。男女ともにロマンチストな所があるシルバーは、ピンクの方が求める恋愛を与えてくれることでしょう。
また、どちらかと言えば人を守りたい気持ちの強いシルバーの方はピンクの甘えたい性格とのマッチングも良いです。

相性の悪い色【黄・イエロー】
一方、飽きも早く感情をストレートに表現できる黄色を選んだ方との相性はあまりよくありません。ピンクの方が「もっとこうなれたら楽なのに」と考えている性格がまさしく黄色の方で、理解し合えないことが多いでしょう。


桃・ピンクを選んだ人へのアドバイス

一人にされることが苦手な背景には、幼少期に親に甘えられなかったり、過去の恋愛で相手に求められなかった経験がある場合が多く、ある統計によれば、愛情に満たされた経験がない、もしくは少ない人がピンク色を好む傾向が強いといいます。
満たされた経験がないから、「満たされたい」欲求が強く、他人に愛情を求める気持ちが強いのだと言えるでしょう。

ピンクの人は、精神的には非常にデリケートで、人のちょっとした言葉や態度に、過敏に反応します。
不機嫌そうにしていたり、つまらなそうな態度を見ると、自分のせいなのかもしれないと、ネガティブに考え過ぎてしまう所があります。

人の親切や感謝が、自分の存在価値になる人なので、人の言動に大きく左右されやすいのです。
ピンク色は、心が安定し、幸せを感じている時に身につけたくなる色でもあります。
ピンクが好きなのに、他の色を選んでいる時は、気持ちが少しナーバスになっている時なのかもしれません。

恋愛体質の人が多く、恋愛していないと不安になるタイプです。
自分からアピールすることはあっても、告白はせず、相手から猛烈にアピールされると、弱い人です。
自分のことを求めてくれることが喜びで、一度恋愛関係に発展すると、世話を焼くタイプなので、相手によっては苦労するかもしれません。

ピンクは、穏やでゆったりした気持ちになれる効果があります。
時間に追われた生活をしている時、イライラしている時に、洋服や小物にピンクを使うと、気持ちが安定するでしょう。



スポンサーリンク

スポンサーリンク


↓色占い|当たる完全無料占いに戻る↓

色占い|当たる完全無料占い

↓恋愛占いペナルに戻る↓
恋愛占いペナル|当たる完全無料占い

↓無料占いで満足出来ない方におすすめ↓

当たる電話占い

色占い一覧


このページの先頭へ戻る